ネット用語「ドン勝」の意味と使い方をわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、ネット用語の「ドン勝(どんかつ)」です。SNS上で見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?

言葉の意味・使い方・由来・英語訳についてわかりやすく解説します。

「ドン勝」の意味をスッキリ理解!

ドン勝(どんかつ):最後まで勝ち残ること

「ドン勝」の意味を詳しく

「ドン勝」とは、バトルロワイヤル系のゲーム内において最後の一人になるまで勝ち抜くことです。特に、「PLAYER UNKNOWN’S BATTLE GROUNDS」というゲーム内で勝ち残った際に表示される言葉です。

「PLAYER UNKNOWN’S BATTLE GROUNDS」とは、通称「PUBG 」と呼ばれる一人称視点のバトルゲームのことです。韓国の「BlueHole」が開発を手掛けています。ゲームの内容は、孤島にバラバラに放たれた100人のプレイヤーが最後の一人になるまで戦い続けるというものです。

日本版の「PUBG 」内では、勝ち残ったプレイヤーに対し、「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」というメッセージが表示されます。

このような勝ち残りゲームは、高見広春氏の小説『バトル・ロワイヤル』を彷彿とさせるため、バトルロワイヤル系(バトロワ系)と称されています。

「ドン勝」の使い方

それでは、「ドン勝」の使い方を例文と共に確認しましょう。

  1. ドン勝しよう!
  2. 今日もサクッとドン勝キメました
  3. ドン勝待機~

①では、単純に勝利したいという意味で「ドン勝」を使っています。

②では、勝利した事実を表すために「ドン勝」を使用しています。

③では、ゲームで勝利することそのものと言うよりは、ゲームをプレイする中で勝利を目指すことを「ドン勝」と表現しています。

「ドン勝」は、主に「PUBG 」のゲーム内やプレイヤー同士の会話で使われる言葉であるため、使用するタイミングが分かりやすいですね。

「ドン勝」の由来

「ドン勝」は、日本版「PUBG」内で勝利した際に表示される「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!」というメッセージから生まれた言葉です。

「PUBG」には海外版があり、海外版では勝利時に「WINNER!WINNER!CHICKEN DINNER」というメッセージが流れます。なぜ「CHICKEN(チキン)」なのかと言うと、アメリカでは勝負事の前に縁起を担いで「ターキー(チキン)」を食べるからです。

日本では、大事な物事や勝負事に臨む前に、縁起を担ぐという意味で「カツ丼」を食べますよね。「CHICKEN」を日本語に訳す際に、「カツ丼」から着想を得て「ドン勝(かつ)」という言葉が生まれたと考えられています。

「PUBG」公式の見解

「ドン勝」という言葉の成り立ちについては、「PUBG」を開発した「BlueHole」のコミュニティマネージャ SammiepoopieQueen氏が見解を示しています。

「ドン勝ではなくてかつ丼が正解です。でも私たちは「ドン勝」を愛しているから修正しないでください!」というあるファンのツイートに対し、SammiepoopieQueen氏は以下のコメントを発表しました。

「ドン勝は確かにかつ丼の間違いだ。でもそれは面白半分でわざと間違えたんだ!」

つまり、わざと間違えて「ドン勝」と訳したと言うのです。誤訳の真偽は定かではありませんが、日本のプレイヤーを喜ばせようとしたことが本当であれば、とてもユニークな由来ですよね。

「ドン勝」の英語訳

「ドン勝」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • WINNER!WINNER!CHICKEN DINNER
    (勝った!勝った!夕飯はチキンだ)

由来でご紹介したように、「ドン勝」の英語訳はこちらになります。「ドン勝」のように短く略した言葉はありません。

まとめ

以上、この記事では「ドン勝」について解説しました。

読み方ドン勝(どんかつ)
意味最後の一人になるまで勝ち残ること
由来「CHICKEN」を「カツ丼」ではなく「ドン勝」と和訳したこと
英語訳WINNER!WINNER!CHICKEN DINNER

「PUBG」をプレイする際には、ぜひ使ってみてくださいね。