「ディスカウント」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ディスカウント」です。
「ディスカウント」の意味、「ディスカウント」が付く言葉、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

「ディスカウント」の意味をスッキリ理解!

ディスカウント(discount):値下げすること・割引すること

「ディスカウント」の意味を詳しく

「ディスカウント」とは、値下げすること・割引することです。

「ディスカウント」は、「格安の」という意味で使われることがありますが、厳密には「ディスカウント」に「格安の」という意味はありません。

あくまで、「定価よりも低い値段」という意味しかないのです。つまり、格安とまでは言えなくても、それが定価よりも1円でも低い価格であれば「ディスカウント」になります。

「ディスカウント」が付く言葉

「ディスカウント」が付く言葉には、以下のようなものがあります。

  • ディスカウントストア
  • ディスカウントハウス
  • ディープディスカウントストア

「ディスカウントストア」の意味

「ディスカウントストア」とは、日用品・衣料品・食品・家電製品・玩具などの幅広い商品を安い値段で売る販売店のことです。「ディスカウントショップ」とも言われます。

販売店が商品を大量に仕入れることで、メーカーの通常の販売価格よりも安く仕入れることができます。そこでチェーン店や量販店が同じ商品を一度に大量に仕入れることで、低価格で販売することができます。

大量の商品を定期的に仕入れ、売り切ることで低価格を実現させているのです。

有名な「ディスカウントストア」の例では、ドン・キ・ホーテや業務スーパーなどが当てはまります。

「ディスカウントハウス」の意味

「ディスカウントハウス」は、商品を定価以下の価格で販売するお店です。しかし、「ディスカウントストア」とは、仕入れの方法が異なります。

「ディスカウントハウス」は、メーカー在庫品や廃番などの売れ残り商品を大量に仕入れ、安売りをするのです。

入荷が他業種の処分待ちであるという理由もあって、品揃えが一定にできないというデメリットがあります。

「ディープディスカウントストア」の意味

「ディープディスカウントストア」とは、同じ商品を一般のチェーンストアの6割以下の価格で販売するお店のことです。

「ディスカウントストア」よりもより低価格で販売することから「ディープディスカウントストア」と呼ばれるようになったのです。

「ディスカウント」の使い方

「ディスカウント」には以下のような使い方があります。

  • ディスカウント○○
  • ディスカウントする

「ディスカウント○○」の意味

「ディスカウント○○」は、「値引きされた○○」という意味で使われています。

例文
ディスカウントストアで数か月分の日用品を買い込む。

「ディスカウントする」の意味

「ディスカウントする」は「割引する」「値引きする」という意味になります。

例文
店頭には、閉店セールでディスカウントされた商品がずらりと並んでいる。

「ディスカウント」の語源

「ディスカウント」の語源は英語の “discount” です。

“count” は「数える」という意味の英単語です。 “dis” は、単語の前について後に続く言葉を否定します。

つまり、 “discount” には「数えない」という意味があるのです。「価格を数えない」という意味から「低価格」「割引き」という意味になりました。

他にも以下のような意味があります。

  • 価値を下げる
  • 無視する

カタカナ語の「ディスカウント」には、「無視する」「価値を下げる」という意味はないので注意しましょう。

「ディスカウント」の類義語

「ディスカウント」には以下のような類義語があります。

まとめ

以上、この記事では「ディスカウント」について解説しました。

英語表記ディスカウント(discount)
意味値下げすること・割引すること
「ディスカウント」が付く言葉ディスカウントストア
ディスカウントハウス
ディープディスカウントストア
語源「数えない」という意味の英単語 “discount” から
類義語セール、バーゲン

商品が「ディスカウント」される仕組みまでしっかりと理解しておきましょう。