「デトックス」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「デトックス」です。

「デトックス」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「デトックス」とは?

デトックス(detox):毒を出すこと

「デトックス」の意味を詳しく

「デトックス」は、「毒を出す」という意味のカタカナ語です。身体の中に溜まった毒素を排出することを指しています。この毒素とは、人間の身体にとって有害な物質です。生活環境などから毒素が生まれます。

通常、人間の身体はこの毒素を定期的に排出するようになっています。しかしながら、それが機能しないと毒素が溜まることになります。意図的にこの溜まった毒素を排出することが「デトックス」です。具体的な「デトックス」方法としては、尿や汗で、毒素を出すことがあげられます。

身体を温めて、体温を上げたり食生活を正したりして尿や汗を促すのも「デトックス」の方法です。

スポンサードリンク

「デトックス」の使い方

  1. サウナに行くことはデトックス効果がある。
  2. デトックスを促進するサプリメントを購入する。
  3. デジタルデトックスに取り組むと、睡眠の質が良くなった。

「デトックス」を使うのは、身体について言及する時です。「デトックスを行う」「デトックス効果」などと使うことが一般的です。

①の例文は、サウナに関する例文です。「デトックス」に関連してよく出てくるのが、「サウナ」です。「サウナ」は、温泉などにあって湿度を高めた熱い部屋のことです。「サウナ」には、発汗効果があります。

発汗効果には体内の老廃物を吐き出してくれる働きがあります。つまり、「デトックス」の効果もあるということです。

 

②の例文は、サプリメントに関する例文です。サプリメントは、栄養素が詰まった錠剤のことです。毒素を吐き出す運動を促進するサプリメントが発売されています。また、「デトックス」効果を促進するものは、サプリメントだけではありません。湿布やヘアケア製品など幅広いものがあります。

③はITに関する例文です。「デトックス」は、「毒素を出す」という意味ですが、その意味が応用されるようになりました。「デジタルデトックス」とは、コンピュータやスマートフォン、ゲーム機などから一定期間遠ざかることです。

「IT依存症」という単語があります。「何も用がなくても、IT機器を触ってしまうこと」という意味です。この依存症から脱却して、本来のコミュニケーションを取り戻そうという動きが「デジタルデトックス」です。デジタルやIT機器を毒素と見立てて、それを吐き出そうという動きのことです。

「デトックス」の語源

「デトックス」の語源は、英語の “detox”です。「解毒する」という意味です。カタカナ語の「デトックス」と同様に、「体内の老廃物や毒素を取り除く」という意味もあります。

もともと、アルコール依存症を抜け出すための治療という意味で使われていました。それが変化して、現在の意味でも使われるようになったのです。

スポンサードリンク

「デトックス」の類義語

「デトックス」には以下のような類義語があります。

  • ダイエット:痩せること
「ダイエット」はとてもよく使うカタカナ語です。若い女の子の間でも「ダイエット」を日常的によく使用しますね。「ダイエット」は、「体重を減らすこと」という意味です。

「デトックス」は、「体内の老廃物を外に出す」という意味合いが強いですが、「ダイエット」の場合は「余分な脂肪を燃焼する」という意味合いが強いです。この違いを理解すると、使用するときに間違えないで済みます。

まとめ

以上、この記事では「デトックス」について解説しました。

英語表記 デトックス(detox)
意味 毒を出すこと
語源 英語の “detox”
類義語 ダイエットなど

「デトックス」は、ちょっと難しい単語です。日常的によく使用する「ダイエット」に比べると、「デトックス」はそこまで使わないですよね。しかし、自分の身体を理解するためには、とても大切な単語です。

ぜひこの記事で「デトックス」の意味や使い方を理解して、しっかりと使えるようになりましょう。

スポンサードリンク