「ディティール」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ディティール」です。

「ディティール」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ディティール」とは?

ディティール(detail):詳細

「ディティール」の意味を詳しく

「ディテール」は、細部や詳細という意味のカタカナ語です。全体に対して、「細かい部分」「末端的な部分」を表しています。「ディテール」は、「デテール」とも表記しますが、意味は変わりません。

また、何の場面において「ディテール」が使われるかによって、意味も異なります。主に使用される場面は、ビジネスや美術、ファッションや建築です。ビジネスで「ディテール」は、「予定」「スケジュール」など、「あるプロジェクトの詳細」を意味します。

 

ファッションでは、全体的なデザインではなく、「ボタン」「チャック」など服の細かい部分を意味します。

美術では、「細部の色使い」を表します。例えば、絵を描く場合です。全体像ではなく、「物体の配置や影の明暗といった細部」を意味します。建築では、建物の外観が全体なのに対して、「インテリアや配置など細かい部分」を意味します。

また、建築の初期段階で使用する「設計図」も「ディテール」と呼ばれることがあります。

スポンサードリンク

「ディティール」の使い方

  1. ディテールにこだわった建築物だ。
  2. このプロジェクトのディテールを共有してほしい。
  3. ディテールにこだわったコーディネートをする。

「ディテール」は、日本語の「細部」と同じように使用します。そのため、物事の細かい部分を一語で表したい時に、「ディテール」を使うことができます。①の例文は、建築に関する例文です。建物の細部までしっかりとデザインされていると表現したい時に「ディテール」を使用します。

②の例文は、ビジネスに関する例文です。詳細な打ち合わせや予算などをまとめて、「ディテール」と表せます。③の例文は、ファッションに関する例文です。全体的な印象ではなく、アクセサリーや小物などを「ディテール」と言い表しています。

「ディティール」の語源

「ディテール」の語源は、英語の “detail” です。大きく分けて3つの意味があります。1つ目が、カタカナ語と同じ「細部」という意味です。2つ目が、「つまらないこと」という意味です。「つまらないこと」とは、重要ではないことです。

つまり、細部のことです。こちらは、日本語の「ディテール」では使われない意味なので注意しましょう。3つ目が、「人に詳しく話す」という意味です。こちらもカタカナ語とは異なった意味です。

スポンサードリンク

「ディティール」の類義語

「ディティール」には以下のような類義語があります。

  • ポイント: 要点
  • スペシフィック:具体的

「ポイント」は、「ディテール」と同じように細部を表します。しかしながら、「ディテール」が「全体と対比しての細部」という意味なのに対して、「ポイント」は「全体の中の細部」というニュアンスです。つまり、「ポイント」は重要ではない部分を取り除いた肝心な一部分を意味しています。

「ポイント」は、重要な要点について述べる時に使用します。例えば、「ここが重要なポイントだ」や、「今からポイントだけ説明します」という使い方です。

ビジネスでは、最頻出のカタカナ語です。日常生活でも、人に何か物事を説明する時によく使います。「ディテール」より身近な単語なので、よく覚えておきましょう。

 

「スペシフィック」は、「具体的」や「詳細」という意味のカタカナ語です。「ディテール」と同じ詳細でも、「スペシフィック」の場合は具体的な詳細です。この違いがあります。

使い方としては、「スペシフィックな例がある」などと言います。具体的と言い換えることも可能です。あまり使いませんが、専門的な分野では使われることもあります。

まとめ

以上、この記事では「ディティール」について解説しました。

英語表記 ディティール(detail)
意味 詳細
語源 英語の “detail”
類義語 ポイント、スペシフィックなど

「ディテール」は、あまりカタカナ語として使わないです。「詳細」と漢字で使う方も多いのではないでしょうか。しかしながら、「ディテール」と言い換えることができれば、「~の詳細」と書く必要もなく、シンプルに書くことができます。

ぜひこの記事で、「ディテール」の意味や使い方を理解して、実際の生活にも役立てましょう。

スポンサードリンク