知っておきたい!「デニム」「ジーンズ」「ジーパン」の違い

違いのギモン

ファッションコーディネートには「デニム」のアイテムが欠かせません。このアイテムがあるだけで、オシャレに見えます。しかし「デニム」「ジーンズ」「ジーパン」と似たような種類のモノがあります。この違いは一体何なのでしょうか。この記事で学んでいきましょう。

スポンサードリンク

結論:「デニム」は素材、「ジーンズ」と「ジーパン」はパンツ

「デニム」は「デニム」という素材で、青い色をした生地のことです。

「ジーンズ」と「ジーパン」は両者とも「デニム」からできたパンツのことを指しています。

「デニム」をもっと詳しく

「デニム」とは素材のことです。デニム生地とよく呼ばれるのはご存知でしょうか。太い糸をインディゴのカラーで染色して、編み込んだものがデニム生地です。

みなさんが街でよく見かける青い色の衣服がデニム生地である確率が高いです。それだけ多くの人に愛されている衣服なのです。

スポンサードリンク

「ジーンズ」をもっと詳しく

「ジーンズ」はその「デニム」の生地を使ったパンツです。「ジーンズ」も街でよく見かけることが多いです。「ジーンズ」はイタリアのジェノバで生産され、ジェノバがなまって「ジーンズ」と呼ばれるようになったそうです。

この「ジーンズ」は元々、作業着として用いられていた歴史があります。そのため「ジーンズ」はダメージに強く、動きやすいといった特徴があります。

しかし現在ではその「ジーンズ」も、ファッションアイテムの一部として考えられるようになったため、より見た目のデザインを重視しています。そのため昔の「ジーンズ」より、動きにくいことや薄くなったことで、品質が悪くなったという声も上がっています。

「ジーパン」をもっと詳しく

では、「ジーパン」とは何でしょうか。実は「ジーンズ」と「ジーパン」は全く同じもので、呼び方が異なるだけなのです。きっとこれだけ聞くと多くの人は「ジーパン」の正式名称は「ジーンズパンツ」だと考えるでしょう。しかし全く違うのです。

この「ジーパン」という呼び方は日本独自だけのものなのです。戦後の日本には米軍が駐在しました。この米軍は GIと呼ばれていました。米軍たちは「ジーンズ」をよく着用していました。そこで GIの履くパンツだということで、Gパンすなわち「ジーパン」と呼ばれるようになったのです。

だから「ジーパン」は名前が違っても「ジーンズ」を指していることには変わりないのです。

スポンサードリンク

まとめ

今回は「デニム」、「ジーンズ」、「ジーパン」の違いについての記事をお届けしました。

  • デニム:太い糸で編み込み、インディゴブルーで着色した厚い生地
  • ジーンズ:「デニム」生地で作られたパンツ
  • ジーパン:「ジーンズ」の日本独自の呼び方
「ジーンズ」と「ジーパン」は同じものを意味していて、両者とも「デニム」の生地から作られているのですね。

この違いを知っていると、こういった「デニム」のアイテムを着るときに、コーディネートを助けてくれるかもしれませんよ。

スポンサードリンク