これでバッチリ!「ダンサー」と「パフォーマー」の違い

違いのギモン

「ダンサー」と「パフォーマー」の違いとは何なのでしょうか。そう問われると、どのように区別するのか気になりませんか。そこで、この記事では両者の違いについて解説します。

スポンサードリンク

ダンサー

ダンサーとは、踊りを通して表現する人のことです。踊りには、たくさんの種類があります。たとえば、ヒップホップ、バレエ、社交ダンスなどです。ですから、ダンサーによって専門分野は異なります。

また、ひとりで踊るソロダンサーや、歌手の後ろで踊るバックダンサーなど、活動する形態も様々です。活動場所も、クラブや遊園地など多岐にわたります。さらに、振付師として働くダンサーもいます。

このように、ダンサーにはいろいろな活動のしかたがありますが、いずれにしても、踊りを専門とする人を指します。

 
 
ダンサーになるために必要な資格はありません。また、特定の学歴が要求されることもありません。しかし、踊り方に基礎や表現力を身に付けるのは、独学では困難です。

そのため、多くの場合、専門学校やダンススクールでレッスンを受けます。卒業後は、フリーランスとしてオーディションを受けたり、事務所に所属したりして、仕事を得ます。

パフォーマー

パフォーマーは、踊りだけでなく、歌、大道芸、演技などの様々な方法で表現する人を指します。実演者、演技者とも呼ばれます。

パフォーマーになるために必要な資格や学歴はありません。しかし、志望する専門分野によって、それぞれに踏まなければならない手順があります。

 

たとえばサーカス団員になるためには、団のオーディションを受ける必要があります。

また、大道芸人になるためには、まず通信講座や専門教室で技術を身につけるのが一般的です。その後大会などで経験を積み、才能が認められると、地域の許可を得て街で芸を披露したり、イベントに参加したりして、仕事の幅を広げます。

スポンサードリンク

ダンサーとパフォーマーの使い分け例

ここまで、「ダンサー」と「パフォーマー」についてそれぞれ解説しました。続いて、有名な芸能人を例に挙げて、両者の使い分けを解説します。

まず、菅原小春さんは国内外で注目を浴びる「ダンサー」です。彼女は、歌や演技などの他の方法は使わず、ダンスのみで表現しています。だから、ダンサーの定義に当てはまります。

一方、世界中で公演を行う「がーまるちょば」のお二人は「パフォーマー」に位置付けられます。なぜなら、彼らはパントマイムとコメディ演技を用いて活動しており、踊りだけにとどまらない手法で表現しているからです。

 

つまり、「ダンサー」と「パフォーマー」の使い分けのポイントは、以下のようになります。

  • ダンスだけで表現する人→「ダンサー」
  • ダンス以外にも様々な方法を使って表現する人→「パフォーマー」

 

ここで、EXILE や三代目J Soul Brothers のダンスメンバーは、「ダンサー」と「パフォーマー」のどちらなのか、気になる方がいらっしゃるでしょう。

これらのグループには、歌を担当するメンバーと、踊りのみを担当するメンバーがいます。

「ダンスだけで表現する人がダンサー」という上記の定義に基づくと、ダンスメンバーは「ダンサー」だと考えることができますね。さらに細かく分類すると、ボーカルメンバーの後ろで踊っているので「バックダンサー」と捉えることもできます。

 

しかし、彼らは「パフォーマー」という肩書で活動しています。この背景には、EXILE の元リーダー・HIROさんの考えがあります。

彼は、「バックダンサー」という呼び方を使うと、ダンスメンバーがボーカルメンバーの引き立て役のような印象になってしまうと考えました。

そこで、踊り手と歌い手という対等な役割がそろって初めて1つのグループになることを示すために、ダンスメンバーを「ダンサー」ではなく「パフォーマー」と呼んでいるのです。

 

ダンスだけでなく歌も披露するグループですから、グループ全体として「パフォーマー」の役割を果たしています。つまり、グループ内のひとりひとりが「パフォーマー」なのです

ですから、EXILE やその関連グループのダンスメンバーの呼び方は、一見定義に反しているように見えますが、グループ全体としての表現形態を考えると、踊り手を「パフォーマー」と呼ぶことも妥当と考えることができます。

まとめ

この記事では、「ダンサー」と「パフォーマー」の違いについて解説しました。

あらためて両者の違いをおさらいしましょう。「ダンサー」と「パフォーマー」をそれぞれ一言で表すと、以下のようになります。

  • ダンサー:踊り一筋
  • パフォーマー:踊りも含めた様々な表現

 

踊りだけで表現することと、踊りに加えて演技や芸などでも表現することには、それぞれに別の楽しさがあります。同時に観客側も、ダンサーの演技とパフォーマーの演技からは異なる興奮を得ますね。

イベントや舞台を見に行く際には、「ダンサー」と「パフォーマー」の違いに着目しながら鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク