知って納得!「カップヌードル」と「スープヌードル」の違い

違いのギモン

コンビニ、スーパー等どこにでも売られているカップラーメン。カップラーメンにもたくさんの種類がありますが、「カップヌードル」と「スープヌードル」の違いをご存知ですか?

どちらも日清食品グループが発売している即席麺の種類ですが、違いがあります。2 つの商品は日清食品グループによって商標登録がされています。

この記事では「カップヌードル」と「スープヌードル」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:「スープヌードル」は「カップヌードル」をスープ感覚にした商品

「カップヌードル」と「スープヌードル」は日清食品グループが発売しているカップラーメンです。

「カップヌードル」は、麺と具材を豊富に含んでいる商品です

「スープヌードル」は、麺が少なく、相対的にスープの量が多い商品です

「カップヌードル」についてもっと詳しく

日清食品が 1971 年 9 月に発売したカップラーメンです。また、世界初のカップラーメンでありロングセラー商品です。

時代と共に変化する食の多様化に伴い、カップラーメンは様々な形態に変化しました。味の違う商品や、「ミニ」「ビッグ」等大きさの違うカップヌードルも開発されました。いずれのカップヌードルも、熱湯を注いで 3 分で食べられるタイプです。

日清食品のカップヌードルをヨーロッパ等に進出させたとき、スープヌードルという名前に差し替えて発売したそうです。海外の人は麺をスープの具として捉えるため、それに合わせて命名されました。

スポンサードリンク

「スープヌードル」についてもっと詳しく

日清食品が 2006 年 3 月に発売した「バリューカップシリーズ(※)」の一種です。購買者を拡大するために、「カップヌードル」をスープ感覚にしています。

ダイエット志向の消費者の増加、女性の消費者の増加に伴いかップラーメンより量が少ないスープヌードルを販売したのです。例えば、お弁当と一緒にスープヌードルを食べる、といった方法も推進されています。

中身の味は「カップヌードル」そのものです。具材を小さくしながらも、「カップヌードル」らしさを表現しています。

  • バリューカップシリーズ(※):価値と価格のバランスのとれた商品。経済環境や人口が変化するなかで、購買者から支持されているシリーズです。

「カップヌードル」と「スープヌードル」の比較

パッケージ

違いはありません。サイズも同じです。そのため間違えて購入する方も多いのです。日清食品はスープヌードルがカップヌードルの味と同じであることを伝えるために、パッケージデザインを似せています。

具材

入っている具材の種類はどちらもエビ、卵、ネギ、肉の 4 種類です。肉の種類は少し異なります。

  • カップヌードル:コロチャー (角切りチャーシュー)
  • スープヌードル:ダイズミンチ (ダイズ、タマネギを使ったミンチ肉)

また、味によって具材は異なります。以下はスープヌードルの具材の例です。

  • スープヌードルカレー:ポテト、にんじん、ネギ
  • スープヌードルシーフード:かにかま、卵、キャベツ、イカ、ネギ

しかし、具材の大きさは異なります。スープヌードルの具材はカップヌードルより小ぶりです。

麺の重量

  • カップヌードル:65g
  • スープヌードル:50g

スープヌードルは麺の量が少ないため、相対的にスープの量が多いのです。スープの総量が多い訳ではありません。

カロリー

  • カップヌードル:343kcal
  • スープヌードル:269kcal

価格

  • カップヌードル:180 円
  • スープヌードル:125 円

スープヌードルの方が 55 円安いです。具材が小さく、麺も少ないことが影響しているでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

上記で述べた「カップヌードル」と「スープヌードル」の違いを表にまとめました。

カップヌードルスープヌードル
パッケージスープヌードルと同じカップヌードルと同じ
具材具材が大きい具材が小さい
麺の重量65g50g
カロリー343kcal269kcal
価格180125

2 つの商品には異なった魅力があります。自分にぴったりのカップラーメンを選びましょう!

スポンサードリンク