知ってる?「クリエイター」と「デザイナー」の違い

違いのギモン

世の中には似ているようでいて、実は違う職業だというものがいくつか存在します。

そして、職業を選ぶ時などにはきちんと違いを理解して、より自分に合っているほうに進みたいですよね。

例えば、「クリエイター」と「デザイナー」の違いをみなさんはご存知でしょうか。

意外と知らないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は「クリエイター」と「デザイナー」の違いについて解説していきたいと思います。

結論:「デザイナー」は「クリエイター」の一種

まず、「クリエイター」とは創造的な仕事をしている人のことです。

一方、「デザイナー」とは目に見えるような意匠の計画や図案や設計などを手掛ける人のことです。

つまり、「デザイナー」は「クリエイター」の一種なのです。

「クリエイター」をもっと詳しく

クリエイターとは創造的な仕事をしている人のことです。

そして、クリエイターの意味はとても広いです。

そのため、デザイナーもクリエイターに含まれます。

また、グラフィックデザイナー、コピーライター、シンガーソングライター、ゲームプログラマーなどいろいろな人がクリエイターに含まれます。

つまり、クリエイターとはものづくりのプロ全般のことなのです。

 

ちなみに、クリエイターにはこのほかにも創造主という意味があります。

なぜなら、創造主とは世界を作った人だからです。

「デザイナー」をもっと詳しく

デザイナーとは目に見えるような意匠の計画や図案や設計などを手掛ける人のことです。

ちなみに、デザインとは作ろうとするものの形態について機能性や生産工程などを考えて構想することです。

そして、デザインの目的は大きく分けて2つあります。

 

まず1つめは、より多くの人に手にとってもらうことです。

やはり、せっかくデザインしたからには多くの人に使ってもらいたいですよね。

次に2つめは、その製品の目的に対して最適化するためです。

例えば、キーボードだったら、より打ちやすいデザインにするのが最適化に当たるでしょう。

 

また、デザインには目的やターゲットがはっきりしているという特徴があります。

例えば、キーボードだったら目的は人に打ってもらうことで、ターゲットはパソコンなどの電子機器を使う人ですよね。

そして、ものの表面のデザインを手がけることが多いでしょう。

見えていない部分をデザインしても見てもらえないので、意味ないですよね。

まとめ

以上、この記事では、「クリエイター」と「デザイナー」の違いについて解説しました。

  • クリエイター:創造的な仕事をしている人のこと
  • デザイナー:目に見えるような意匠の計画や図案や設計などを手掛ける人のこと

「クリエイター」の中には「デザイナー」のほかにもさまざまな職種が含まれます。

本当に自分に合った職業を選んでいきたいですね。