宿選びに必須!「コテージ」「ロッジ」「バンガロー」の違い

違いのギモン

夏が始まりますね。今年の夏はアウトドアに挑戦してみたいと思っている方、必見です。

星空観察や BBQ など目白押しの夜を、目的に合ったスタイルの宿で過ごしてみませんか。

この記事では、「コテージ」「ロッジ」「バンガロー」の違いをご紹介します。

スポンサードリンク

結論:違いは設備の有無

「コテージ」は、寝具やお風呂・トイレに加え、テレビや冷蔵庫などのホテル並みの設備がある宿泊施設です。

「ロッジ」は、お風呂・トイレなど最低限の設備がある宿泊施設です。

「バンガロー」には、それらの設備がほとんどありません

「コテージ」をもっと詳しく

「コテージ」は寝具やお風呂・トイレに加え、テレビや冷蔵庫などのホテル並みの設備がある宿泊施設です。具体的には、以下のようなものが備わっています。

  • 家具
  • 家電
  • キッチン
  • 空調設備
  • 浴室
  • トイレ
  • テレビ
  • 食器
「コテージ」に泊まる場合はホテルのように一部屋ずつの貸りるのではなく、一戸建てを一棟丸ごと貸し切ります。1つのグループで完全に独立することができますね。グループなど大勢で宿泊する際にお勧めです。

立地や季節にもよりますが、平均価格は一人12000円です。

また、最近は「インスタ映え」を狙ったおしゃれな作りになっている施設が増えています。以下に、関東で特に人気な「コテージ」をご紹介します。

  • 塩原グリーンビレッジ /栃木県
  • コテージ森林村/東京都
  • 北軽井沢スウィートグラス/群馬県
  • パディントンベアキャンプグラウンド/神奈川県
  • 長瀞オートキャンプ場/埼玉県
スポンサードリンク

「ロッジ」をもっと詳しく

「ロッジ」は、お風呂・トイレなど最低限の設備がある宿泊施設です。ホテル並みのサービスはありませんが、最低限の設備があるので「コテージ」と「バンガロー」の中間レベルの宿です。

しかし、「ロッジ」の定義はかなり曖昧に使っている人が多く、施設をのぞいてみないとわからないのが現状です。

「バンガロー」をもっと詳しく

「バンガロー」は設備がない宿泊施設です。シャワーやトイレなどの設備はなく、ベッドもない場合がほとんどです。

「バンガロー」は6~10畳程度を部屋単位で借りるタイプの宿泊施設です。部屋単位で借りるので、1つの建物の中に他のグループがいます。泊まる部屋には基本的に何もありませんが、お風呂やトイレは共用で外にあるのが一般的です。

立地や季節にもよりますが、平均価格は一人6000円です。

「バンガロー」は、テントを張る代わりに、寝るスペースとして木造の小屋が用意されているイメージです。テントで泊まるつもりで荷造りをすれば忘れ物はないでしょう。例えば、寝袋などは持参する必要があります。

ちなみにキャンプ場によっては大型の「バンガロー」を「キャビン」「ケビン」と呼んでいます。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「コテージ」「ロッジ」「バンガロー」の違いについて解説しました。

  • コテージ:ホテル並みの設備がある宿泊施設
  • ロッジ:お風呂・トイレなど最低限の設備がある宿泊施設
  • バンガロー:設備がほとんどない宿泊施設
違いを知ることで、「遠出だから荷物を少なくするためにコテージにしよう」「近場だからアウトドアを全力で楽しむためにバンガローにしよう」などと計画が立てやすくなるのではないでしょうか。

目的に合うよう、ぜひこの違いを活かして宿泊施設を選んでみてくださいね。

スポンサードリンク