「照応(しょうおう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「照応」です。

言葉の意味・「照応法」の意味・使い方・語源・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「照応」の意味をスッキリ理解!

照応(しょうおう):二つのものごとが互いに関係していること・文章や談話の中で、代名詞などの指示詞を用いて具体的な何かを指すこと

「照応」の意味を詳しく

「照応」とは、「二つのものごとが互いに関係していること・文章や談話の中で、代名詞などの指示詞を用いて具体的な何かを指すこと」です。

それぞれの意味を詳しく見ていきましょう。

「二つのものごとが互いに関係していること」の意味

「照応」とは、「二つのものごとが互いに関係していること」です。また、「二つのものごとが対応していること」を指すこともあります。

たとえば、「鍵と鍵穴」は対応して一組のセットになっているので「照応している」と言えます。

また、「二酸化炭素の排出量と地球温暖化が関連している」といいたい場合にも「照応」を使うことができます。

しかし、これらの場合には「対応」や「関連」というより身近な言葉があるので、「照応」をあえて使うことは少ないです。

「文章や談話の中で、代名詞などの指示詞を用いて具体的な何かを指すこと」の意味

「照応」には、「文章や談話の中で、代名詞などの指示詞を用いて具体的な何かを指すこと」という意味があります。

次のような文章があります。

太郎はお母さんにケーキをプレゼントしました。彼女は、非常に喜びました。

このときに「お母さん」と、その後の「彼女」は同じものを指しており、これらは「照応の関係にある」と表現されます。

また、このように「彼」「それ」などの代名詞を使ったりして前後に出てきたものを表すことを「照応法」と呼びます。

「照応法」の意味を詳しく

「照応法」とは、「文章や談話の中で、代名詞などの指示詞を用いて具体的な何かを指す表現方法」のことです。

「照応法」は、大きくふたつに分かれます。

  • 前方照応(ぜんぽうしょうおう):指示される語句が、指示詞の前にある語を指す​場合
  • 後方照応(こうほうしょうおう):指示される語句が、指示詞の後にある語を指す​場合

これは、指示詞と、それが指す言葉がどこにあるかによって分けられています。

また、指示詞の位置ではなく、指示詞の種類によって、「照応法」は以下のように分かれます。

  • 繰り返し
  • 代名詞
  • 名詞形態指示詞
  • 連体詞形態指示詞
  • ゼロ代名詞

「繰り返し」の意味

「繰り返し」は、「同じ語が繰り返される照応表現のひとつ」を指します。

あるところに、おじいさんがいました。おじいさんは山へ芝刈りに行きました。

1文目の「おじいさん」と2文目の「おじいさん」は、全く同じ言葉ですが、この場合も「照応法」になります。

「代名詞」の意味

「代名詞」は、「彼」「彼女」などの指示詞のことです。

太郎は18歳です。は今年から大学生になります。

「彼」は「太郎」を指しています。

「名詞形態指示詞」の意味

「名詞形態指示詞」は、「これ」「あれら」などの名詞の形をした指示詞です。

を買いました。それは最新モデルです。

「それ」は「車」を指しています。

「連体詞形態指示詞」の意味

「連体詞形態指示詞」は、「この」「ああいう」などの後ろに名詞を伴う指示詞のことです。

コンピューターには、最初からアプリが入っていました。このアプリは使い勝手がいいです。

「このアプリ」とは、「コンピューターに最初から入っていたアプリ」のことです。

「ゼロ代名詞」の意味

「ゼロ代名詞」とは、「代名詞が省略されている場合」を指します。

幼稚園児は昼から夕方まで遊び続けた。疲れ果てて(幼稚園児は)ついに眠ってしまった。

省略されていますが、「幼稚園児は」という主語が隠れています。

「照応」の使い方

  1. 鍵と鍵穴は1対1で照応している。

「照応」の語源

「照応」の漢字の意味は以下のような意味があります。

  • :照らし合わせること
  • :ふさわしい・釣り合うこと

「照応」の類義語

「照応」には以下のような類義語があります。

  • 関連
  • 対応

「照応」の英語訳

「照応」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • correspondence
    (対応)

まとめ

以上、この記事では「照応」について解説しました。

読み方照応(しょうおう)
意味二つのものごとが互いに関係していること・文章や談話の中で、文章や談話の中で、代名詞などの指示詞を用いて具体的な何かを指すこと
「照応法」の意味文章や談話の中で、代名詞などの指示詞を用いて具体的な何かを指す表現方法
語源「照らし合わせる」「釣り合う」という意味の漢字
類義語関連・対応
英語訳correspondence(対応)

「照応」には、多くの種類があるので、細かい部分まで覚えておきましょう。