どう違うの?「クッキー」と「ビスケット」の違い

違いのギモン

「クッキー」や「ビスケット」と聞くとどのようなお菓子をイメージしますか。

この2つに違いがあるのだろうかと、疑問に思ってしまいますよね。

この記事では、知っているようで知らない「クッキー」と「ビスケット」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:違いは「原料の割合」

「クッキー」と「ビスケット」の違いは、糖分と脂肪分の割合です。

クッキーは、糖分と脂肪分が全体の40%以上であることが条件で、ビスケットは40%以下が条件ですが、これは日本でのルールです。

クッキー

クッキー “cookie” とはアメリカで使われる言葉で、アメリカでクッキーと呼ばれるものは、イギリスでは、ビスケット “biscuit” と呼ばれていて、呼び方が違うだけで同じものを指します。

ここでは、日本でのルールについて説明しますが、クッキーと呼ぶか、ビスケットと呼ぶかについては、全国ビスケット教会という団体が決めています。

クッキーには、糖分と脂肪分が全体の40%以上で、手作り風の見た目という決まりがあります。

これは昭和46年にできた決まりで、当時はビスケットよりも、クッキーの方が高級品だという考え方があり、安いビスケットをクッキーと呼ぶと、買う人が混乱するかもしれないので、それを避けるために、この決まりが作られました。

スポンサードリンク

ビスケット

ビスケットとは先にも書いたように、イギリスで使われる言葉ですが、アメリカでいうビスケットとは、イギリスのスコーン “scone” にあたります。

ビスケットとは、クッキーの定義に当てはまらない小麦が原材料の焼き菓子のことをいいます。

まとめ

以上、今回の記事では「クッキー」と「ビスケット」の違いについて解説しました。

ポイントをまとめると、

  • クッキー:糖分と脂肪分が全体の40%以上
  • ビスケット:糖分と脂肪分が全体の40%以下

クッキーとビスケットは基本的には同じものですね。

日本では、そのイメージから混乱を避けるために、定義を設定しましたが、海外では国によって呼び方が違うだけでした。

全国ビスケット教会への加盟は任意なので、加盟していない洋菓子店では、必ずしもこの決まりには当てはまらないことに注意してください。

スポンサードリンク