「コンテクスト」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「コンテクスト」です。
「コンテクスト」の意味、具体例、プログラミングにおける意味、「コンテクスト文化」の意味、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

「コンテクスト」の意味をスッキリ理解!

コンテクスト(context):文章の流れの中にある意味内容のつながり・物事に関係する状況や背景

「コンテクスト」の意味を詳しく

「コンテクスト」とは、文章の流れの中にある意味内容のつながり・物事に関係する状況や背景のことです。

あるひとつの文や単語、セリフがあるとします。それらの意味は、発せられた状況や背景によって異なります。

具体的に、あるセリフの意味を定義づけるための背景には、以下のような要素があります。

  • セリフを発した人
  • セリフを発した相手
  • 時代背景
  • 場所
  • 文化
  • 前後の文脈

「コンテクスト」の具体例

たとえば、「ママ」という一単語のセリフがあります。

このセリフが小さな男の子とその兄弟の間で使われた言葉であるとしたら、彼らの母親のことを表していることがわかります。

一方で、ホステスの店で使われた言葉であれば、店の店主の女性のことを表します。

このように、同じ言葉であっても、その状況背景である「コンテスト」が異なれば言葉の意味も違ってくるのです。

プログラミングにおける「コンテクスト」の意味

プログラミングにおいて「コンテクスト」は、同じコード記述やプログラム上の要素が、状況によって異なる振る舞いをしたり、異なる制約を受けたりすることです。

状況とは、コード記述やプログラム上の要素が置かれているプログラム内での位置や、実行される際の内部状態などのことです。

「コンテクスト文化」の意味

「コンテクスト文化」という概念があります。「コンテクスト文化」は、以下のふたつに分かれます。

  • ハイコンテクスト文化
  • ローコンテクスト文化

「ハイコンテクスト文化」の意味

「ハイテクスト文化」とは、「コミュニケーションの基盤となる文化の共有性が高く、すべての要素をひとつひとつ言葉で説明する必要のない文化」のことです。

簡単に言うと「説明がなくても察し合うことでわかる文化」を表します。

日本は、「ハイテクスト文化」だと言われています。日本には抽象的な言い回しをしたり、ものごとを断言しない文化があります。

「ローテクスト文化」の意味

「ローテクスト文化」とは、「コミュニケーションの基盤となる文化の共有性が低く、明確な言葉での説明が求められる文化」をいいます。

遠回しな言い方では、意志が伝わらないことがある文化です。

「コンテクスト」の使い方

「コンテクスト」には以下のような使い方があります。

  1. コンテクストがわからない限り、文章を判断することができない。
  2. 彼の言葉は、あのコンテクストがあったからこそ発せられたものだ。

「コンテクスト」の語源

「コンテクスト」の語源は英語の “context” です。

英語の “context” には、以下のような意味があります。

  • 文脈
  • 前後関係
  • 事情
  • 背景
  • 状況

カタカナ語の「コンテクスト」と同じ意味であることがわかります。

「コンテクスト」の類義語

「コンテクスト」には以下のような類義語があります。

  • 文脈:文章の流れの中にある意味内容のつながり

まとめ

以上、この記事では「コンテクスト」について解説しました。

英語表記コンテクスト(context)
意味文章の流れの中にある意味内容のつながり・物事に関係する状況や背景
語源「文脈」「背景」という意味の英単語 “context”
類義語文脈

「コンテクスト」には、時代背景や場所、状況などさまざまな要素が含まれます。

その要素やプログラミングにおける意味など、詳しい部分まで理解しておきましょう。