実は違った!「ブイヨン」と「コンソメ」の違いを解説

違いのギモン

スーパーに売っている「ブイヨン」や「コンソメ」を使うと美味しい料理がすぐにできあがるので、便利ですよね。

しかし、この2つの違いが分からず、どのように使い分けたら良いか迷ったことはありませんか。

この記事では、「ブイヨン」と「コンソメ」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:違いは「料理として成り立つか」

「ブイヨン」と「コンソメ」の違いはそのまま料理として出せるかどうかです。

ブイヨンは、肉と香味野菜を煮込んで作る「出汁」ですが、コンソメは、ブイヨンをベースにして味を付けた「スープ」です。

ブイヨン

「ブイヨン」とは、フランス語で「出汁」という意味で、肉と香味野菜から作られる、料理のベースなので、そのままでは塩気がないため味が薄く、スープや煮込み料理の素として使います。

手作りのブイヨンは塩気がないですが、市販のブイヨンには、塩分が含まれているものがあります

ブイヨンは、スーパーに行くと、すでにできあがったものが買えますが、作るとなると、肉や香味野菜を長時間煮込んで、灰汁(あく)を取ってこしたものなので、非常に手間のかかるものです。

ブイヨンを使った料理

  • ビーフシチューやカレーなどの煮込み料理
  • ポタージュなどのスープ料理
  • リゾットやパエリアなどの洋風炊き込み料理
スポンサードリンク

コンソメ

「コンソメ」とは、フランス語で「完成された」という意味で、ブイヨンをベースにして、肉と野菜を一緒に煮込み、味をつけたものです。だから、料理として出すことができ、澄んだ琥珀色をしています。

このことから、味がすでに整っているので、市販のコンソメは溶かすだけでスープになります。

コンソメを使った料理

  • 冷たい料理のジュレ(コンソメは冷えると固まるため)
  • パスタや炒め物の味付け
  • コンソメスープや野菜スープなどの澄んだスープ

まとめ

以上、この記事では「ブイヨン」と「コンソメ」の違いを解説しました。

ポイントをまとめると、

  • ブイヨン:肉と野菜を煮込んだ「出汁」
  • コンソメ:ブイヨンを素に作られた「スープ」

ブイヨンとコンソメは色々な料理に使えるので、違いを知って、どの料理に使えば引き立つのか、参考にしてみてください。

スポンサードリンク