「コンフィデンシャル 」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「コンフィデンシャル」です。

「コンフィデンシャル」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「コンフィデンシャル」とは?

コンフィデンシャル(confidential ):機密の

「コンフィデンシャル」の意味を詳しく

「コンフィデンシャル」は、「機密の」という意味のカタカナ語です。他にも、「公開しないこと」「内密であること」という意味があります。

このカタカナ語がよく使われるのは、ビジネス用語です。ビジネス用語で「コンフィデンシャル」と言うと、「社外秘密」を意味しています。「社外秘密」は、会社の外に出してはいけない秘密のことです。

つまり、会社の中だけの秘密です。よく、注意書きを読むと「会社の外部に情報を漏らしてはいけない」と記述してあります。これを一言で言い換えると、「コンフィデンシャル」なのです。

スポンサードリンク

「コンフィデンシャル」の使い方

  1. 機密文書には、コンフィデンシャルマークを付けるべきだ。
  2. このパワーポイントは、コンフィデンシャルだ。
  3. ドキュメントはコンフィデンシャルであるため、取り扱う時に注意する。

「コンフィデンシャル」をよく使うのは、ビジネスの場面です。重要な情報や、保護したい情報に対して使用します。「コンフィデンシャルな文章」「コンフィデンシャルデータ」という使い方をするのが一般的です。

①の例文は、文書に関する例文です。「コンフィデンシャルマーク」というマークがあります。これは、その文書が、「コンフィデンシャル」であるということを認識するためのマークです。

多くの場合には、赤いスタンプで「コンフィデンシャル」と記述しています。「会社の人間以外には見せてはいけない」というスタンプなのです。

「コンフィデンシャル」の語源

「コンフィデンシャル」の語源は英語の “confidential ” です。 “confidential”  は、カタカナ語の「コンフィデンシャル」に比べて、多くの意味があります。

「秘密の」「内密の」以外にも「信頼が厚い」「何でも任せられる」「相手を信用しきる」という意味があります。秘密情報を共有できる人間関係は、信頼できる関係です。そう考えると、「内密の」という意味が大元になっていることが理解できます。

スポンサードリンク

「コンフィデンシャル」の類義語

「コンフィデンシャル」には以下のような類義語があります。

  • シークレット:秘密
  • プライベート:私的な
「シークレット」は「秘密」という意味のカタカナ語です。「隠されていること」などに対して使います。「秘密だ」と言いたい時に「シークレット」と使います。この秘密の度合いが高いと、「トップシークレット」を使います。

通常の「シークレット」に比べて、絶対に他人に漏らしたくないときには、こちらを使いましょう。

「プライベート」は「私的な」という意味のカタカナ語です。「プライベート」の反対は「パブリック」です。「公共」という意味です。公共の空間では、情報を公開する場面が多いです。例えば、氏名や生年月日を公開して何かの会員になるときです。

それとは反対に、「プライベート」では、情報公開をしません。つまり、情報を内密にしているのです。この点が「コンフィデンシャル」と共通しています。

まとめ

以上、この記事では「コンフィデンシャル」について解説しました。

英語表記 コンフィデンシャル(confidential )
意味 機密の
語源 英語の “confidencial ”
類義語 シークレット、プライベートなど

「コンフィデンシャル」は、ビジネス用語なのでビジネスをしていない方には慣れない単語かもしれません。しかしながら、意味が分かるとビジネスの世界に関しての知識も深まります。

ぜひ、この記事を参考にして「コンフィデンシャル」の意味や使い方を覚えて、実生活でも応用できるようになりましょう。

スポンサードリンク