「カンファレンス」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「カンファレンス」です。

「カンファレンス」の意味や使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「カンファレンス」とは?

カンファレンス(conference)公式な会議。また、患者に関わる医療関係者が集まり、課題や方針などを話し合うこと

「カンファレンス」の意味を詳しく


「カンファレンス」とは、本来は広く「会議」を意味する言葉です。特に、学会や研究会、国会など、公式かつ大規模なものを指すことがほとんどです。

また、特殊な使い方として、医療・福祉用語患者に関わっている専門家たちが、現状の報告や今後の方針などを話し合うことを指す場合もあります。

「カンファレンス」に参加する専門家には、医師看護師、介護士、ケアマネジャーと、実際に患者の相手をする人はもちろん、患者の治療・介護内容を決める人たちなど、その患者に関わるメンバーが全員参加します。

全員が患者の現状についての情報を共有し問題点を洗い出すことで、様々な角度から効果的に今後の課題を見つけることができます。「カンファレンス」の実施によって、よりよい治療・介護に繋げていくことができます。

スポンサードリンク

「カンファレンス」の使い方

「カンファレンス」は文中では以下のように使われます。

  • 定期的にカンファレンスを実施し、情報を共有する。
  • 最新の研究に関するカンファレンスに参加させてもらう。
  • 経営カンファレンスに参加し、今後の経営課題について話し合う。

基本的には、日本語の「会議」と同じ用法で使われます。

「経営カンファレンス」「ITカンファレンス」など、その業界名を先に付けて使われることもあります。

「カンファレンス」の語源

「カンファレンス」は、英語の”conference”という単語が由来になっています。この単語は「会議、協議、相談」といった意味を持っています。

国際的なものや政治的なものなど、開かれる回数が少なく、規模が大きいものを指します。

“conference”は「コンファレンス」とも発音できるため、そう書いても間違いではありません。

スポンサードリンク

「カンファレンス」の類義語

「カンファレンス」には以下のような類義語があります。

  • ミーティング(meeting):少人数で行われる集会や会議のこと
  • パーティー(party):社会的な会合。集まり。団体

「カンファレンス」と「ミーティング」は同じく「会議」を表す言葉ですが、その違いは規模の大きさにあります。

「ミーティング」は少人数のグループで行われるものなど、身内での非公式な会議というようなイメージです。対して「カンファレンス」はかなり大規模なものを指します。学術的なものなど、公式な会議の場合によく使われます。

また、「パーティー」も「大きな会合」という意味を持ちますが、こちらは食事をしながらなどくだけた雰囲気で行われることがほとんどです。「カンファレンス」は公式な会合なので、かしこまった雰囲気で行われることが多くあります。

まとめ

以上、この記事では「カンファレンス」について解説しました。

英語表記 カンファレンス(conference)
意味 公式な会議。また介護関係者が患者について課題や方針を話し合うこと
語源 英語の”conference”
類義語 ミーティング(meeting)、パーティー(party)

会社や介護・医療など、仕事に関係する場面で使われる言葉なので、新聞やニュースで見かけることも多いと思います。意味がわかれば、より深く内容を理解できるようになると思います。ぜひ覚えていってください。

スポンサードリンク