日本人がよく間違える! “come” と “go” の違い

違いのギモン

英語には、日本人がよく使い方を間違える表現がありますよね。

“come” と “go” もその1つで、紛らわしい使い方をするときがあります。この記事では、 “come” と “go” の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:違いは、近づくか離れるか

“come” と “go” の違いは、近づくか離れるかです。

“come” は、対象となるものに近づいていきますが、 “go” は、対象となるものから離れていきます。

“come” をもっと詳しく


“come” は、対象となるものに近づいていくイメージで、対象は、自分の場合もあれば、そのほかの場合もあります。

会話の中では、相手がいるところに行くことが “come” です。たとえば、友達に呼ばれてそこに行くときには、日本語では、「今行く。」と言いますが、英語では友達の方に近づいて行くことになるので、 I’m coming. と言います。

これは、日本人が間違える頻度が高いのですが、覚えてしまえば、簡単に使いこなすことができるので、練習をたくさんしましょう。

“come” の使い方の例

“come” のイメージが分かったところで、次は例文と解説を見てみましょう。

・My dream comes true.

(私の夢は実現する。)

→夢が叶うという良い状態に向かっていくイメージなので、 “come” を使い、 “come” はポジティブな意味のときに使います。

・Can I come with you?

(一緒に行ってもいいですか。)

→話し手と一緒にどこかへ向かうときにも “come” を使うほうが自然です。

・When will you come back to Japan?

(いつ日本に帰ってきますか。)

→尋ねている人は日本にいて、相手が日本に向かってくることになるので、 “come” を使います。

スポンサードリンク

“go” をもっと詳しく


“go” は、対象から離れていくイメージで、会話の中では相手のいないところへ行くことになります。

たとえば、友達と一緒にいましたが予定があって、もう行かなくてはいけない場合は、友達から離れることになるので、 I’m going now. と言います。

“go” の使い方の例

“go” のイメージが分かったところで、次は例文と解説を見てみましょう。

・Meat goes bad easily.

(肉は鮮度が落ちやすい。)

→ “go” はネガティブなイメージで使われることが多く、この場合は新鮮な状態から離れて行くイメージです。

・I usually go for a walk on weekend.

(たいてい週末は散歩をしているよ。)

→ “go” は「歩く」や「走る」といった動作とも一緒に使われます。

・I’m going back to LA this weekend.

(今週、ロサンゼルスに帰るよ。)

→話している人が、自分が今いる場所から離れてロサンゼルスに行くことなので、 “go” を使います。ちなみに明日や今週などの直近の予定には、現在進行形を使って文を作ります。

まとめ

以上、この記事では、 “come” と “go” の違いについて解説しました。

簡単にまとめてみましょう。

  • “come” :相手との距離が近づく
  • “go” :相手との距離が離れる

一旦覚えてしまえば、それほど難しくないので、参考にしながら勉強してみてください。

スポンサードリンク