これでばっちり!「コーヒー牛乳」と「カフェオレ」の違い

違いのギモン

「コーヒー牛乳」と「カフェオレ」。両者が別物だと分かっている方は多いと思いますが、何が違うかについて考えたことはありますか?

そこで、今回は「コーヒー牛乳」と「カフェオレ」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:「カフェオレ」は「コーヒー牛乳」の一種。

「カフェオレ」と「コーヒー牛乳」の主な原料は、どちらもコーヒーと牛乳です。

しかし「コーヒー牛乳」の方が牛乳の割合が多いです。

「コーヒー牛乳」についてもっと詳しく

「コーヒー牛乳」は1920年に森山乳業が発売しました。定義は、「牛乳等の乳製品にコーヒー、砂糖が加えられた飲料」です。

つまり、「コーヒー牛乳」はコーヒー・牛乳・砂糖が使用された飲料の総称です。一般的に、「コーヒー牛乳」は大量の牛乳とコーヒーに砂糖が加えられているため、牛乳の割合が多いです。

しかし、明確なレシピは存在しません

スポンサードリンク

「カフェオレ」についてもっと詳しく

「カフェオレ」はコーヒーと牛乳が使用された飲料であり、「コーヒー牛乳」の一種です。

「コーヒー牛乳」とは異なり、コーヒーと牛乳の割合は1:1で統一されています。

カフェイン量の違い

「コーヒー牛乳」と「カフェオレ」はどちらもカフェインが含まれます。コーヒーの割合によって、飲料に含まれるカフェインの量に差が生まれます。

では100ミリリットルあたりに含まれるカフェイン含有量を比較してみましょう。

  • コーヒー牛乳:約15ミリグラム
  • カフェオレ:約70ミリグラム

カフェインは「覚醒作用」や「利尿作用」があります。そのため、カフェインの大量摂取は推奨されていません。カフェインがより少ない「コーヒー牛乳」の方がお子様向けと言えます。

疲れている時は、カフェインの少ない「コーヒー牛乳」でリラックス、目を覚ましたい時は「カフェオレ」ですっきり、のように飲み分けるのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「コーヒー牛乳」と「カフェオレ」の違いについて説明しました。

  • コーヒー牛乳:大量の牛乳にコーヒーと砂糖を混ぜ合わせた飲料
  • カフェオレ:コーヒーと牛乳を1:1で混ぜ合わせた飲料

原料は同じですが、両者は全く異なる飲み物です!違いに気をつけながら飲んでみてください!

スポンサードリンク