ここが違う!「クラシック」と「ジャズ」の違い

違いのギモン

カフェやオフィスでリラックスして作業をしたいとき、BGMは案外重要です。どんな音楽を聴きながら作業するかで、集中して取り組めるかどうかが決まります。そのため、カフェでは多くの人がリラックスして集中できる「クラシック」や「ジャズ」が流されています。

この「クラシック」や「ジャズ」は音楽も単語も聞いたことがあるけど、実際はどう違うのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では「クラシック」と「ジャズ」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:ドラムやパーカッションを使うかどうかの違い

「クラシック」はピアノがメインでメロディ重視で、打楽器を使ってリズムを取らない音楽です。

「ジャズ」は打楽器が強調されて、リズム感が重視される音楽です。

「クラシック」をもっと詳しく

「クラシック」はとても長い歴史があります。発祥はヨーロッパで、まだ楽器も何もない時代に生まれました。その当時は歌や合唱から始まり、時代が進むにつれてピアノなどの楽器とともに曲が書かれるようになってきました。

その過程で紙に楽曲を記していたことから、楽譜ができあがり美しいメロディが特徴的な「クラシック」へと発展したのです。

また、多くの人が小学校の音楽の授業で教材として使用された曲もクラシックが多いです。「クラシック」は教養を深めるための音楽として、多くの子どもが学んでいるのです。これには、楽譜の読み方を「クラシック」の一流の音楽を通じて学ばせるといった狙いもあります。

スポンサードリンク

「ジャズ」をもっと詳しく

一方の「ジャズ」もピアノを使用していますが、同時にパーカションやドラムを使用しています。そのため、「クラシック」とは違って身体を動かしながら楽しむ音楽でもあります。「ジャズ」はリラックスできることはもちろん、元気になれるような音楽性を含んでいます。

「ジャズ」は黒人の音楽で、アメリカ合衆国で生まれました。ルールに沿って曲を作る「クラシック」と異なって、「ジャズ」は演奏中の雰囲気を重視します。つまり演奏中に即興のアレンジや、アドリブを多く使うので音楽を演奏する度に曲が変わるのです。

また、ジャズはお酒との相性も良いのです。このようにジャズは、身体を動かしたくなる音楽のため、ナイトライフの気分を盛り上げてくれます。例えば、仕事帰りで疲れていて気分転換にお酒を飲みに行こうと思ったときです。

お酒を飲むために入ったお店で「ジャズ」が流れていると、疲れが吹き飛ぶと同時に少し元気になれます。このため、ジャズバーといったお店があり、ジャズの音楽を聴きながらお酒を飲むことができるお店もあるのです。

まとめ

以上、この記事では、「クラシック」と「ジャズ」の違いについて解説しました。

  • クラシック:打楽器を使わず、メロディの旋律を重視する音楽
  • ジャズ:打楽器を使って、即興など応用性に営んだ音楽
「クラシック」と「ジャズ」の違いが分かれば、気分に分けてBGMを変えることができます。この記事をぜひ参考にして有意義な時間を過ごすことができたらいいですね。

スポンサードリンク