どう違う?「クラシックギター」と「アコースティックギター」の4つの違い

違いのギモン

「アコースティックギター」は私たちにとって、とても身近な楽器ですが、「クラシックギター」は知らないという人も多いかもしれません。

私も高校生のときにギターを始めるまでは、この2つがどう違うのか知りませんでした。この記事では、「クラシックギター」と「アコースティックギター」の4つの違いについて解説します。

スポンサードリンク

【1】弦の違い

「クラッシックギター」の弦

「クラシックギター」の弦はナイロンでできているので、柔らかい音が特徴です。

ナイロンの弦は温度の影響を受けやすく、温度が高いと音も高くなり、温度が低いと音も低くなり、特に太い弦のほうが影響を受けやすいです。

「アコースティックギター」の弦

「アコースティックギター」の弦はスチールでできていて、「クラシックギター」よりも力強い音が特徴です。

【2】ネックの違い

まず初めにネックとは、上の画像のようなギターの細くなっている部分のことです。

「クラシックギター」のネックは太いので、指の短い人や手の小さい人には弾きにくいです。

一方で、「アコースティックギター」のネックは「クラシックギター」よりも細く、上の画像も「アコースティックギター」のネックです。

スポンサードリンク

【3】音の大きさの違い

「クラシックギター」の音の大きさ

「クラシックギター」は音が小さく、広い場所で演奏するときは聞こえなくなってしまうので、マイクが必要です。

「アコースティックギター」の音の大きさ

「アコースティックギター」は、アンプという音を大きくするための機械が必要なく、ある程度の音量が出るので、教室くらいの広さであれば問題なく聞こえます。

【4】曲のジャンルの違い

「クラシックギター」の曲のジャンル

「クラシックギター」は、その名の通り基本的にクラシックの曲を弾くためのギターで、伴奏としてではなく、ギターソロとして使われるので、1つ1つの音を鳴らす弾き方になります。

また、学校の音楽の授業のギターは「クラシックギター」であることが多いです。

「アコースティックギター」の曲のジャンル

「アコースティックギター」は、幅広いジャンルで使えますが、主にポップスの曲を弾くためのギターで、弾き語りや路上ライブでよく使われます。「クラシックギター」と違い、伴奏としてかき鳴らすような感じで弾きます。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「クラシックギター」と「アコースティックギター」の4つの違いについて解説しました。

クラシックギターアコースティックギター
 ナイロン スチール
ネックの太さ 太い 細い
音の大きさ 小さい 大きい
曲のジャンル クラシック 主にポップス

どのジャンルの曲を弾きたいかによって、ギターの種類も変わってくるので、ギターを始めてみたいと考えている人は参考にしてみてください。

スポンサードリンク