「潮流(ちょうりゅう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「潮流(ちょうりゅう)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「潮流」の意味をスッキリ理解!

潮流(ちょうりゅう):潮の流れ。また時代の傾向のこと

「潮流」の意味を詳しく

「潮流」という熟語には、主に2つの意味があります。

まず1つ目に、「潮の流れ」という意味です。太陽や月の引力により、海面は上がったり下がったりします。「潮流」は、このことによって起こる海水の流れのことを指しています。

「潮流」は、気象に関する専門用語としても用いられています。気象庁は、「潮流」を「潮汐(ちょうせき)の干満に伴って起こる海水の周期的な流れのこと」と定義付けています。「潮汐」とは、太陽や月の引力によって海面が昇降することです。

 

次に、「潮流」は「時代の傾向、時代の情勢の動き」という意味も持っています。これは、「潮の流れ」を「時代の流れ」に当てはめた用法です。

スポンサードリンク

「潮流」の使い方

「潮流」の使い方の例として、以下のような文が挙げられます。

  1. その会社は時代の潮流に乗って、AIの導入を進め始めた。
  2. 多様性を認めることが、世界的な新潮流となってきている。
  3. 一部の人の間では、潮流発電が新たな発電手段として注目されている。

①の例文では、「潮流」を「時代の流れ」という意味で用いています。最近は、AIに関する話題が絶えませんよね。このような時代の傾向に合わせることを「潮流に乗る」と表現できます。

③の例文は、気象用語として「潮流」を使っています。「潮流発電」とは、潮の流れのエネルギーを利用して電気をつくる方法のことです。

「潮流」の類義語

潮流には以下のような類義語があります。

  • 動向:個人や社会が動いていく方向
  • 趨向(すうこう):物事がある方向・状態に向かうこと
  • 風潮(ふうちょう):時代によって変わる世の中のありさま

どの熟語も、「ある時代の動向」を意味している点で共通しています。どれも、「過去から現在」「現在から未来」など、「一定の幅がある時間における動向」を表したい際に用いられます。

スポンサードリンク

「潮流」の英語訳

潮流を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • tide
    (潮、風潮)
  • stream
    (流れ)
  • trend
    (動向)

英単語の “tide” と “stream” は、「潮の流れ」と「時代の傾向」のどちらの意味も持っています

「時代の潮流に乗る」と言いたい場合は、“swim with the tide” と表現しましょう。もし、「時代の潮流に逆らう」という逆の意味を表したいのであれば、”with” の代わりに「~に反して」という意味を持つ “against” を用います。

一方、”trend” には「潮」という意味はありませんが、幅広く「時代の動向」を表したい際に用いることができます。

まとめ

以上、この記事では「潮流」について解説しました。

読み方 潮流(ちょうりゅう)
意味 潮の流れ。また時代の傾向のこと
類義語 動向、趨向、風潮
英語訳 tide(潮、風潮)、stream(流れ)、trend(動向)

技術の発展にともなって、時代の変化のスピードがますます速くなってきています。常に時代の潮流に取り残されないようにしたいものですね。

スポンサードリンク