チョコレートとショコラの違い|語源・使う頻度・加工の有無が違う!

言葉

チョコレートとショコラの決定的な違いは、「チョコレートは英語、ショコラはフランス語に由来する」という点です。

違いをわからないまま、曖昧に使い分けてしまっていませんか?

実は、チョコレートとショコラには細かい違いがあるのです。

この記事でチョコレートとショコラの違いを学び、周りと差をつけましょう。

「チョコレート」と「ショコラ」の違い

チョコレートとショコラは、どちらもカカオ豆を原料としたお菓子を指します。

意味は同じですが、語源や使い分けに着目すると、以下のような違いがあります。

チョコレートショコラ
語源英語
“chocolate”
フランス語
“chocolat”
言葉を使う頻度高い低い
加工の有無加工前を指すことが多い加工したものを指すことが多い

以上の3点の違いについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

語源の違い

「チョコレート」は英語、「ショコラ」はフランス語が語源となっています。

以下、それぞれの語源について詳しく解説します。

「チョコレート」の語源

チョコレートの語源は、英語の “chocolate” です。

chocolate

【名詞】チョコレート

なお、英語の “chocolate” の語源は、さらに以下のように遡ることができます。

英語の “chocolate”の語源
アステカのナワトル語 or マヤ語?
※諸説あり

スペイン語の “chocolate(チョコラテ)”

英語の “chocolate”
チョコレートの歴史

チョコレートはもともと、ホットチョコレート(チョコレートが液体になっている、温かい飲み物)を指していました。

16世紀ごろ、ホットチョコレートがアメリカからスペインに伝わったと言われています。

19世紀に、イギリスで固形のチョコレートが作られるようになった結果、現在では固形の状態をチョコレートと呼ぶのが一般的になりました。

「ショコラ」の語源

「ショコラ」の語源は、フランス語の “chocolat” です。

chocolat

【名詞】ショコラ

「ショコラティエ」もフランス語が語源

チョコレート専門のパティシエを「ショコラティエ」といいます。

「ショコラティエ」も、フランス語の “chocolatie” に由来しています。

言葉を使う頻度の違い


「チョコレート」のほうが、「ショコラ」よりも使われることが多い言葉です。

以下、それぞれの使用頻度について詳しく解説します。

「チョコレート」を使う頻度

日本では、カカオを原料としたお菓子を呼ぶ際、「ショコラ」よりも「チョコレート」という呼び方が使われることが多いです。

この理由については、次のように考えられています。

「チョコレート」と呼ぶことが多い理由
第二次世界大戦のあと、アメリカのチョコレート菓子が日本で食べられるようになりました。

アメリカでは英語で “chocolate” と呼ばれているため、日本のお菓子メーカーでも、同じように「チョコレート」を商品名に使うようになったのです。

このため、日本では、フランス語のショコラよりも、英語のチョコレートのほうが馴染みがある表現となっているのです。

「ショコラ」を使う頻度

「チョコレート」に比べると、「ショコラ」は使用頻度が低いカタカナ語です。

しかし、日本でも、フランス語に由来するチョコレート菓子は「ショコラ」と呼ぶ傾向があります。

具体例を見てみましょう。

ショコラが名前に使われているお菓子の例
  • ガトーショコラ
    チョコレート生地のケーキ
  • フォンダンショコラ
    チョコソースが入っているケーキ

ガトーショコラとフォンダンショコラは、どちらもフランスのチョコレート菓子であるため、「ガトーチョコ」「フォンダンチョコ」とは呼ばないのです。

あえてショコラと呼ぶ場合もある

ショコラはチョコレートよりも使用頻度が低い言葉です。

この特徴を逆手にとって、フランス語由来のお菓子でなくても、ショコラと呼ぶ場合もあります。

「いつもと違う感じ」「おしゃれな感じ」を演出するため、あえてショコラという名前を使うのです。

加工の有無の違い


「チョコレート」は加工前の工業品や、お菓子の材料を指すことが多いです。

一方、工夫や加工を重ねて、1つのスイーツとして完成したものは、「ショコラ」を呼ぶことが多いです。

以下、それぞれについて詳しく解説します。

チョコレート:加工前を指すことが多い

以下のような加工前の工業品や、お菓子の材料として使うものは、必ず「チョコレート」と呼びます。

  • 板チョコ
    (板ショコラとは言わない)
  • チョコチップ
    (ショコラチップとは言わない)

ショコラ:加工したものを指すことが多い

材料としてのチョコレートに、さらに工夫や加工を重ねて、1つのお菓子として完成したものは、「ショコラ」と呼ぶ傾向が強いです。

このため、プロのパティシエが作ったチョコレート菓子などは、一般的にショコラと呼ぶのです。

「チョコレート」「ショコラ」の作り方

「チョコレート」や「ショコラ」は、以下のような流れで作られます。

  1. カカオ豆を高温で加熱する
  2. 皮をむき、殻(から)や芽を除く
  3. 豆を細かく砕き、ふるいをかけて粉にする
    ※この状態を「カカオマス」という
  4. ココアバター・砂糖・牛乳などを練り込む
  5. 型に流し込み、冷やして固める
  6. 完成

「チョコレート」と「ショコラ」の違いのまとめ

以上、この記事では、チョコレートとショコラの違いについて解説しました。

どちらも同じく、カカオ豆から作られたお菓子であるものの、細かい違いとしては以下のようにまとめることができます。

チョコレートショコラ
語源英語
“chocolate”
フランス語
“chocolat”
言葉を使う頻度高い低い
加工の有無加工前を指すことが多い加工したものを指すことが多い

どちらを使っても問題ない場面が多いものの、細かい相違点を理解しておくと、呼び方に迷ったときに便利ですね。

「チョコレート」と「ショコラ」を正確に使い分けていきましょう。

ABOUT US

Chinatsu
Chinatsu
新卒1年目でWebライター3年目。 学生時代からWebライターの仕事を始め、多くの記事を執筆・編集してきました。 丁寧な解説に定評があります。