「チルアウト」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「チルアウト」です。
「チルアウト」の意味、音楽における意味、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

「チルアウト」の意味をスッキリ理解!

チルアウト(chill out):ゆっくりすること・気楽に過ごすこと

「チルアウト」の意味を詳しく

「チルアウト」とは、ゆっくりすること・気楽に過ごすことです。

「仕事や作業など、強制されて行うことではなく、自分のやりたいことをする」というニュアンスがあります。

「気楽にのんびりと時間をすごしたり、急がずゆっくりする」という意味で使われることが多いです。

音楽における「チルアウト」の意味

音楽の種類を表す言葉として「チルアウト」が使われることがあります。

近代の電子音楽の中でも、明るい曲調でスローテンポな曲の系統を「チルアウト系」と表現します。1990年中盤に誕生した音楽ジャンルの一つです。

チルアウト音楽の例として、佐藤千亜妃の「summer gate」が挙げられます。

 

ダンスフロアの端には、客がダンスで火照った体を休め、休憩するための部屋が用意されていました。

この部屋をチル部屋などと呼び、ここで明るい曲調でスローテンポな曲が流されていたため、「チルアウト系」という名前が使われています。

「チルアウト系」の音楽とは、もともと身体を「チルアウト」させるために使われていた音楽だとわかります。

「アンビエントミュージック」の意味

「チルアウト」の類義語として「アンビエント」と呼ばれる音楽の系統があります。音楽について言うときは「アンビエントミュージック」と言われることが多いです。

「アンビエントミュージック」とは、「環境音楽」とも呼ばれるもので、このジャンルの提唱者である作曲家のブライアン・イーノは、「周囲の環境に溶け込んでいて、興味深いけど無視できる音楽」と定義しています。

音楽ではあるけれど、主張の少ない音で、BGMに使われる場合がほとんどです。

「チルアウト」の使い方

「チルアウト」には以下のような使い方があります。

  1. たまには何も考えずチルアウトしようよ。
  2. お気に入りの音楽を聴いてチルアウトする。
  3. 意識的にチルアウトしないとストレスがたまる。

また、「チルアウト」は「チル」と略して使われることもあります。その場合の使い方は以下のようになります。

  1. 今度はいつもの4人でチルしようよ。
  2. 彼は今頃お気に入りの場所でチルしてるよ。
  3. その日はあいつとチルってたかな。

以上のように「チルする」という形で使われます。

「チルアウト」の語源

「チルアウト」の語源は英語の “chill out” です。

英語の “chill out” の主な意味は以下の3つです。

  1. ゆっくり過ごすこと
  2. 落ち着くこと
  3. 遊びに行くこと

➋の「落ち着く」は、「人が精神的に落ち着くこと」を意味しています。「状況が落ち着くこと」「事態が落ち着くこと」という意味では使われないので注意しましょう。

カタカナ語としては➌の「遊びに行く」という意味で使われることは少ないです。

 

また、 “cill out” は “cill” 単体で使われることもあります。意味は同じです。

“cill” のもとの意味は「冷たい」「寒い」という意味で、そこから「冷静である」「落ち着いている」という意味に派生したと言われています。

「チルアウト」の類義語

「チルアウト」には以下のような類義語があります。

  • リラックス:緊張を解いてくつろぐこと

まとめ

以上、この記事では「チルアウト」について解説しました。

英語表記チルアウト(chill out)
意味ゆっくりすること・気楽に過ごすこと
音楽における意味陽気でスローテンポな曲調の音楽
語源「落ち着く」という意味の英単語 “chill out”
類義語リラックス

使い方や類義語まで覚えておけるといいですね。