味比べ必須!「チキンクリスプ」と「チキンフィレオ」4つの違い

違いのギモン

「チキンクリスプ」と「チキンフィレオ」はどちらもマクドナルドの人気メニューです。

しかし、どちらも「チキン」を挟んだ「バーガー」であるため、それぞれのバーガーにどのような特徴があり、何が違うのか分からないという人も多いでしょう。

この記事では、「チキンクリスプ」と「チキンフィレオ」の4つの違いを徹底比較します。

スポンサードリンク

【1】構成の違い

チキンクリスプの構成

「チキンクリスプ」は、バンズ・チキンクリスプパティ・レタスで構成されたバーガーです。100円マックの定番メニューとして知られていますね。エネルギーは358カロリーです。

「クリスプ」には、食べ物が、硬く砕けやすい・ぱりぱりしている・さくさくしている、などの意味があります。これらの要素があるサンドイッチを、一般的に「クリスプ」と言います。

マクドナルドでは、これをそのまま商品名にしています。

チキンフィレオの構成

「チキンフィレオ」は、バンズ・チキンパティ・オニオン・レタスで構成されたバーガーです。 「チキンクリスプ」と違い、「チキンフィレオ」には、オニオンが入っています。

350円で販売されており、エネルギーは445カロリーです。

【2】肉の違い

「パティ」はバンズの間に挟む肉のことで、ひき肉などを薄い円盤型にして焼いたものです。

チキンクリスプの肉

「チキンクリスプ」の肉は、鶏皮を使用した「成形肉」を油で揚げたものです。

マクドナルドホームページには、「チキンクリスプパティ」と記載されています。鶏肉は、タイ産です。サクサク感があり、少しパサつきがあるのが特徴です。

衣は、ブラックペッパー・ホワイトペッパーなどのスパイスで味付けされています。

チキンフィレオの肉

「チキンフィレオ」の肉は、鶏ムネ肉の「一枚肉」を油で揚げたものです。

マクドナルドのホームページには、「チキンパティ」と記載されています。鶏肉は、タイ産です。ジューシーな食感が特徴です。

スポンサードリンク

【3】バンズの違い

チキンクリスプのバンズ

「チキンクリスプ」のバンズは、ごまが付いていない、ノーマルなタイプです。

ノーマルなバンズを、マクドナルドでは「レギュラーバンズ」と読んでいます。この「レギュラーバンズ」は、シンプルなハンバーガーと同じバンズです。

チキンフィレオのバンズ

「チキンフィレオ」のバンズは、ごま付きのタイプです。人気商品である、テリヤキバーガーなどと同じものです。

【4】ソースの違い

チキンクリスプのソース

「チキンクリスプ」のソースは、マスタード風味の黄色いソースです。

チキンフィレオのソース

「チキンフィレオ」のソースは、マヨネーズ風味で酸味のあるオーロラソースを使用しています。薄ピンク色をしています。

オーロラソースとは、一般的にはマヨネーズ・トマトケチャップ・ウスターソースで構成されるソースです。ベーコンや蒸したチキンと合うのが特徴です。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「チキンクリスプ」と「チキンフィレオ」の4つの違いについて解説しました。

チキンクリスプチキンフィレオ
構成バンズ・チキンクリスプパティ・レタスバンズ・チキンパティ・レタス・オニオン
成型肉一枚肉
バンズレギュラーバンズごま付きバンズ
ソースマスタード風味オーロラソース

「今日のお昼何食べよう」と迷っている方は、マクドナルドに行ってみてはいかがでしょうか。よかったら「チキンクリスプ」と「チキンフィレオ」を食べ比べてみてください。

スポンサードリンク