「チャリで来た」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

「チャリで来た」は、「ガッツポーズをしている写真」を表すスラングです。

「自転車で来た」という言葉とガッツポーズとが、なぜ結びつくのでしょうか?

この点が分からない人が多いはずです。

この記事では、「チャリで来た」の意味や元ネタ、使い方などについて解説します。

「チャリで来た」の意味

チャリで

「ガッツポーズをしている写真」を表すスラング

「チャリで来た」とは、「ガッツポーズをしている人が映る画像」を表すネットスラングです。

2008年ごろ、インターネット掲示板での無断転載を機に、とあるプリクラ画像が有名になりました。

そのプリクラでは、ガッツポーズで映る男子中学生4人の姿とともに、「チャリで来た。」という言葉が書かれていました。

「チャリ」は「チャリンコ」の略で、自転車を指します。

 

この画像が有名になった結果、ガッツポーズから元ネタ画像を連想する人が増えたため、ガッツポーズの写真そのものが「チャリで来た」と呼ばれるようになったのです。

「チャリで来た」の使い方


「チャリで来た」は、SNSのなかでガッツポーズをしている画像とともに使うことが多いです。

ガッツポーズをしながら撮った写真に、「チャリで来た」という言葉を添えることで、元ネタの再現をするという遊びです。

また、有名人がガッツポーズをしている画像に対して、「これ、“チャリで来た”みたいなポーズだね」などとコメントして投稿する人もいます。

言い換え表現を使う場合も

「チャリで来た」をもじって、他の表現に変えて使う場合もあります。

いくつか有名な例を見てみましょう。

  • JALで来た
    (背景に空港の画像を入れて使う)
  • ソリで来た
    (サンタクロースがガッツポーズをしている画像とともに使う)
  • 借りに来た
    (元ネタ画像の背景に、消費者金融の景色を入れて使う)
  • かなり北
    (元ネタ画像の背景に、日本最北端の場所の景色を入れて使う)
  • 神おりた
    (元ネタ画像の4人を、画像加工で神様のような格好にして使う)
  • チャリ出来た?
    (元ネタ画像の背景に、製造途中の自転車の画像を入れて使う)
  • パリに来た
    (元ネタ画像の背景に、エッフェル塔の画像を入れて使う)
  • 釣りしに来た
    (元ネタ画像の背景に、釣りの様子の画像を入れて使う)
  • 増えてきた
    (元ネタ画像の4人を画像加工で増やして使う)
元ネタ画像の取り扱いには気をつけよう

元ネタとなったプリクラを加工したり、背景画像を変えたりして、「チャリで来た」「〇〇で来た」を使う人も多いです。

しかし、元ネタとなったプリクラは、もともと無断転載から広まった画像でです。

そのため、元ネタ画像で遊ぶ行為は、あまりおすすめできません。

「チャリで来た」の例文

「チャリで来た」を会話のなかで使う場面は少ないですが、例文を挙げるとするならば以下のようになります。

  1. せっかくプリクラを撮るなら、「チャリで来た」っぽくしてみようよ。
  2. この人のポーズ、「チャリで来た」の人たちみたいだね。

「チャリで来た」の元ネタ


「チャリで来た」の元ネタについて、以下の3つのポイントに分けて詳しく解説します。

  1. 「チャリで来た」の画像の拡散
  2. 「チャリで来た」のスラング化
  3. 「チャリで来た」メンバーのその後

①「チャリで来た」の画像の拡散

2008年ごろ、インターネット掲示板の2ch(現・5ちゃんねる)に、あるプリクラ画像が無断転載されました。

その画像とは、男子中学生4人組がガッツポーズをしていて、「チャリで来た。」という言葉が書かれたプリクラです。

4人のうちの1人が、このプリクラをSNSアカウントのプロフィール画像に設定したところ、誰かが掲示板に載せてしまったのです。

「ヤンキーのような顔つきでガッツポーズをしながらも、“チャリで来た”という中学生らしい言葉が添えてある」というギャップが印象的であるため、このプリクラ画像はどんどん拡散されていきました。

②「チャリで来た」のスラング化

「チャリで来た」の画像が有名になると、元の画像のパロディのように、ガッツポーズでプリクラを撮る人が出てきました。

次第に、ガッツポーズそのものを見ただけで「チャリで来た」を連想する人が増えました

スラングとして、ガッツポーズの写真が広く「チャリで来た」と呼ばれるようになったのです。

なお、「チャリで来た」の影響は、以下のように、他にも色々な出来事にも見受けられます。

「チャリで来た」の影響
  • 2012年
    スマホアプリ「チャリで来た。カメラ」ができる
    (写真を元ネタ画像のように加工できるもの)
    ※2021年現在、サービスは終了している
  • 2015年
    ロックバンド・GLAYのコンサートで、メンバー4人による「チャリで来た」のような画像がスクリーンに映し出される
  • 2016年
    ラッパー・SLOTHさんが、楽曲『チャリで来た』をリリース

③「チャリで来た」メンバーのその後

元ネタとなったプリクラに映っていた4人のうち、3人のメンバーが、2012年に雑誌『egg』に登場しています。

誌面のなかでは、自分たちの画像を拡散した人たちに対し、「2ちゃんねらー、イイ加減にせえよ(笑)」という言葉を残しています。

ここ数年で、メディアによく登場しているのは、メンバーの1人だったユウタさんです。

ユウタさんは以下のようなメディアに登場しています。

ユウタさんは、テレビ番組やインタビュー記事のなかで、当時について以下のように振り返っています。

当時の振り返り
  • プリクラに書く言葉が思いつかず、焦って書いたのが「チャリで来た。」という言葉だった
  • 当時は住所が流出したり、犯罪者だというデマが出回ったり、無断で雑誌に載せられたりした

「チャリで来た」のまとめ

以上、この記事では「チャリで来た」について解説しました。

読み方チャリで来た
意味「ガッツポーズをしている写真」を表すスラング
元ネタ男子中学生4人がガッツポーズをするプリクラ画像

「チャリで来た」というスラングについて知れば知るほど、「写真の拡散には大きな影響力がある」ということがわかってきますね。

日頃の生活のなかで、無断転載は行わないようにしましょう。