転職中に在籍確認されることはある?個人情報保護法との関係も

就職・転職
Aさん
転職時に行われる在籍確認って何?

このように考えていませんか?

転職活動を行っている時に、受けた会社からあなたが現在所属している会社に在籍確認が行われる可能性があります。

現職に隠して転職活動を行っているのであれば、これは大問題ですよね。

そこで、この記事では転職時の在籍確認について詳しく解説しています。

転職時に行われる在籍確認とは?

転職時に行われる在籍確認とは、応募者が本当に履歴書通りの職場に在籍しているのか確かめる活動のことです。

具体的には、現職で所属している部署などに電話をかけ、「〇〇さんはいらっしゃいますか?」などと在籍確認を行います。

転職時に行われる在籍確認について、下で詳しく見ていきましょう。

履歴書の記載事項の裏を取るため行われる

転職時の在籍確認は履歴書の記載事項の裏を取るため行われます。

転職活動を行う時には、求職者が履歴書を提出しますが、履歴書が真実である保証はありません。

特に、前、もしくは現在所属している会社の情報は虚偽だと影響が大きく、なおかつ真実かどうか確かめやすいです。

そのため、履歴書に記載されている会社に電話をかけて在籍確認を行うことで、履歴書を信頼しやすくなるのです。

現在では行わない企業も多い

転職時の在籍確認は、現在では行わない企業も多くなっています。

以前から会社の方針で在籍確認を行わない企業も多かったのですが、現在ではその数が増えています。

これは、以前よりも企業での人材不足が深刻になり、企業と求職者のパワーバランスが変化したからです。

 

求職者にとって在籍確認はこれといってメリットがない上、現職に転職活動がバレるという重大なリスクがあります。

そのため、企業が在籍確認を行っているという情報が広まると、優秀な求職者ほど在籍確認を行う会社を避けるようになるのです。

優秀な社員をほしい会社は求職者に配慮して、在籍確認を行わない場合が増えたのです。

また、下で述べるように、在籍確認に求職者の同意が必要になったことも在籍確認をする会社が減ったひとつの原因と言えるでしょう。

求職者の同意なしに行うと違法

転職時に行われる在籍確認は、求職者の同意なしに行うと違法になります。

以前は同意を取らずとも在籍確認ができました。

しかし、現在では個人情報保護法の改正により、求職者の同意が必要になったのです。

ただ、求職者の同意なしに在籍確認を行う企業も0ではないので注意しましょう。

信用が重要な金融業界では行われやすい

転職時に行われる在籍確認は現在では行わない企業が多いですが、信用が大切な金融業界では行われやすいです。

金融業界ではマネーロンダリングを防ぐなどの目的で、身辺をきっちりと調査します。

その一環として、前職の在籍確認を行うのはもちろん、犯罪歴や破産歴などまで調査が行われることが多いです。

銀行や証券会社などに転職する時には、細かい調査を覚悟しておきましょう。

 

他に、役員クラスの転職や、警備会社などで在籍確認が行われやすいようです。

在籍確認されたらほぼ採用

在籍確認は悪いことばかりではなく、ほぼ採用というしるしでもあります。

前述の通り、在籍確認は求職者にとって、会社に転職活動がバレてしまうリスクがあります。

そうなると求職者は在籍確認をした会社に良い印象は抱きません。

会社も無用なリスクをおかさず、在籍確認はほぼ最後に行われます。

 

在籍確認を行うということは、在籍確認さえしっかり取れれば採用されることの証なのです。

転職エージェントが行う場合も

転職時に行われる在籍確認は転職エージェントが行うこともあります。

これは、転職エージェントを通じて転職活動を行っている場合のみの話です。

転職エージェントを通じて在籍確認が行われる場合にも、きちんと確認を取ってから行ってくれますから安心してください。

転職時の在籍確認に関する3つの注意点

転職時の在籍確認に関する注意点は主に以下の3つです。

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:職場に転職活動がバレる可能性がある

転職時の在籍確認に関する注意点としてまず挙げられるのは、職場に転職活動がバレる可能性があることです。

転職するとわかると会社での居心地が悪くなるため、職場に黙って転職活動を行う方も多いです。

しかし、在籍確認の電話があると不審に思われて転職活動がバレてしまう場合があるのです。

特に取引実績のない会社や、ふだん電話がかかってこない社員の場合、バレやすいでしょう。

注意点②:在籍確認されても内定がもらえないことはある

転職時の在籍確認に関する注意点としては、在籍確認されても内定がもらえないことはあることも挙げられます。

上でも説明したように、在籍確認が選考の最終段階で行われるのは確かです。

しかし、たとえ在籍確認できちんと裏が取れても、内定がもらえない場合は考えられます。

たとえば、急遽求人が必要なくなった場合などに内定がもらえません。

とはいえ、在籍確認までされたのに内定をもらえないと、現職に転職がバレて転職先のあてもないという最悪の事態になってしまいます。

下で説明するような対策を打って最悪な事態は回避しましょう。

注意点③:在籍確認を拒否すると落ちる可能性が高い

転職時の在籍確認に関する注意点としては、在籍確認を拒否すると落ちる可能性が高いことも挙げられます。

在籍確認を拒否するのは、なにか後ろ暗いことがあるからではないかと疑われてしまうからです。

求職者としては在籍確認で現職に転職活動をバレたくないと思いますが、拒否すると落ちる可能性が高いことは覚えておきましょう。

転職時の在籍確認をスムーズに進める2つのコツ

転職時の在籍確認をスムーズに進めるコツは主に以下の2つです。

それぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

コツ①:事前に在籍確認が行われるか確認する

転職時の在籍確認をスムーズに進めるコツとしてまず挙げられるのは、事前に在籍確認が行われるか確認することです。

上述のように、在籍確認は拒否すると基本的に内定をもらえません。

そのため、在籍確認されたくない場合は、最初から在籍確認をする会社は受けないことが肝心です。

金融業界など一部の例外を除けば在籍確認をする会社は少数派ですので、在籍確認をしない会社に限定しても十分転職先を見つけられるでしょう。

コツ②:内定をもらうという条件付きで承諾する

転職時の在籍確認をスムーズに進めるコツとしては、内定をもらうという条件付きで承諾することも挙げられます。

在籍確認されると現職に転職がバレるリスクがありますから、求職者にとっては基本的にデメリットしかありません。

会社は在籍確認をする時に必ず求職者の同意を得る必要がありますから、内定を出すことを条件にするという交渉はアリと言えます。

転職時の在籍確認に関するよくあるQ&A

転職時の在籍確認に関するよくある質問としては以下のようなものがあります。

それぞれの質問とその答えについて詳しく見ていきましょう。

在籍確認以外で履歴書に書いた嘘がバレることはある?

会社によりますが、求職者について調査会社を使って身辺を調査する場合も考えられます。

履歴書に書いた嘘がバレるわけがない、とは到底言えないでしょう。

そして、履歴書に嘘が書かれている場合は内定取り消しになったり、懲戒解雇になったりする原因にもなります。

事前に在籍確認が行われるか確認できる?

個人情報保護法によって、企業には在籍確認を行う時には、求職者から必ず許可を取ることが義務付けられています。

選考の前に在籍確認が行われるかどうか確認することも可能です。

とはいえ、違法ではあるものの、求職者に黙って在籍確認が行われるケースはないとは言えません。

前職調査とは?

前職調査とは、求職者の以前(もしくは現在の)経歴について調査を行うことです。

求職者の履歴書や応募書類に書かれた内容、面接で話した内容の裏を取るために行われます。

企業の担当者が直接調査したり、調査会社が調査したりする場合がありますが、どちらにしろ求職者の許可が必要になります。

リファレンスチェックとは?

リファレンスチェックとは、応募者の前職での様子や人物像について、関係者に問い合わせることを指します。

求職者の了解を得て行われ、リファレンスチェックを行う相手は求職者が指定する場合が多いです。

日系企業では一般的ではありませんが、外資系を中心によく行われています。

内定の直前に行われる場合が多いです。

おすすめ転職エージェント5選

おすすめ転職エージェントは主に以下の5つです。

それぞれの転職エージェントについて詳しく見ていきましょう。

doda


出典:doda

dodaは万人におすすめの転職エージェント兼転職サイトです。

キャリアコンサルタントにあなたに合った求人を教えてもらえる上、自分で求人を探すことも可能です。

大手で求人数が国内トップレベルであることも魅力のひとつです。

JACリクルートメント

[出典:JACリクルートメント]

JACリクルートメントはエグゼクティブ向けの転職エージェントです。

年収600万円以上の案件が多く、特に外資系に強いという特徴があります。

優秀なコンサルタントが在籍しており、マッチングの精度が高いことも魅力的です。

ハタラクティブ

[出典:ハタラクティブ]

ハタラクティブは自分の経歴に自信がない方におすすめの転職エージェントです。

書類選考なしで面接を受けられる点が魅力的な転職エージェントです。

未経験可の求人も多く、特に若い人から人気を集めています。

DYM就職


出典:DYM就職

DYM就職はとにかくサポートが丁寧な点が魅力的な転職エージェントです。

他の転職エージェントと比べて圧倒的に長い時間をかけて面接対策を行ってくれます。

正社員求人のみで、大手企業の求人も多数保有しています。

レバテックキャリア

出典:レバテック

レバテックキャリアはIT系のキャリアを目指す方に特におすすめできる転職エージェントです。

IT業界特化型としてトップクラスの求人数を保有しています。

サポートも手厚く、実務経験があるエンジニアを中心におすすめの転職エージェントです。

転職時の在籍確認のまとめ

転職時に行われる在籍確認とは、応募者が本当に履歴書通りの職場に在籍しているのか確かめる活動のことです。

転職時の在籍確認に関する注意点としては以下のようなものが挙げられます。

転職時の在籍確認をスムーズに進めるコツとしては以下のようなものが挙げられます。
転職時の在籍確認に関するよくあるQ&Aは以下のとおりです。
おすすめ転職エージェントは以下のとおりです。

ABOUT US

和佐 崇史
和佐 崇史
文章を書くこと、読むことが大好きな大学生です。中学2年生で漢検2級を取得するなど、言葉については詳しい自信があります。Webライターとしてはこれまで累計1,000記事以上を執筆してきました。