社会人5年目は転職に最適なタイミング?異業種は可能?

就職・転職
Aさん
社会人5年目で転職すべき?

このように考えていませんか?

社会人5年目になると仕事に慣れてくる一方、会社に不満を感じたり、仕事が飽きてきたりする場合もあると思います。

そのような時、転職すべきなのか悩んでしまいますよね。

そkどえ、この記事では社会人5年目は転職すべきかについて、メリットやデメリットを交えながら解説しています。

社会人5年目は転職のしどき?

いつ転職すべきか、そもそも転職すべきなのかは人によって変わります。

ある人にとっては転職のベストタイミングでも、ある人にとって絶対に転職すべきでない場面もあります。

しかし、社会人5年目が転職のしどきになる方は多いです。

その理由としては、以下のようなものが挙げられます。

社会人5年目が転職しどきな理由
  • 会社での自分の評価がはっきりしてくるから
  • 社会人としての基礎が身につく時期だから
  • 年齢とともに未経験の職種に挑戦しにくくなるから

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

会社での自分の評価がはっきりしてくるから

社会人5年目ともなると、自分が周りと比べてどのように評価されているのかはっきりしてきます。

5年もあれば、その会社で結果を出せる人は出すようになるからです。

人が成果を出せるかは、実は周りの環境に大きく左右されます。

自分の実力を十分に発揮できてないと感じる人は、5年目あたりが転職のしどきになるのです。

社会人としての基礎が身につく時期だから

社会人5年目ともなると社会人としての基礎が身につき、応用までできるようになります。

しかし、まだまだ若手ではあるため、転職市場ではスキルが評価される場合も、ポテンシャルが評価される場合もあります。

つまり、未経験職種に挑戦できる一方で、自分のスキルを生かして好待遇の仕事を手に入れることもできるのです。

社会人5年目はさまざまな転職ができるため、転職のしどきなのです。

年齢とともに未経験の職種に挑戦しにくくなるから

社会人5年目が転職に適した時期である理由としては、これ以上年齢が上がると、未経験の職種に挑戦しにくくなるからでもあります。

未経験職種への転職は30歳くらいが限界になります。

そのため、社会人5年目ともなると、未経験職種に挑戦したい人が転職を考え始めるのです。

社会人5年目が転職すべきか判断する5つの材料

社会人5年目が転職すべきか判断する材料は主に以下の5つです。

それぞれの材料について詳しく見ていきましょう。

年収が下がっても転職したいか?

あなたは、年収が下がっても転職したいと思うでしょうか。

この質問は、転職したい気持ちの強さを見るための質問です。

年収が下がっても転職したいのであれば、転職の決意が強いことの証拠です。

人事異動で解決できないか?

転職には環境を大きく変えられるメリットがある一方で、デメリットがあるのも事実です。

今の転職したいという気持ちを人事異動で解決できるのであれば、そのほうが良いかもしれません。

転職の前に、人事異動の可能性を考えてみると良いでしょう。

同じ業界・職種に転職したいか?

同じ業界、同じ職種の場合、転職しても大きな違いはないかもしれません。

一方で、違う業界や職種であれば、環境を大きく変えることができます。

特に未経験の職種に転職したいのであれば、30代に入って手遅れになる前に転職することをおすすめします。

社内でどの程度評価されているか?

社内で思うように評価されていないと感じる場合、転職したほうが良いかもしれません。

今の会社とあなたの相性が悪く、あなたのパフォーマンスが十分に発揮できてない可能性があるからです。

一方、社内である程度評価されている場合、次の質問が大きな判断材料になるでしょう。

今の仕事に飽きているか?

社内である程度評価されていても、今の仕事に飽きているのであれば、転職のしどきかもしれません。

仕事に飽きが来ているということは、毎日同じことの繰り返しで、これ以上成長する余地がない可能性が高いです。

転職して環境を変えることで、より成長できるかもしれません。

ただ、仕事に飽きている場合には、人事異動という手も検討すべきでしょう。

社会人5年目に転職する2つのメリット

社会人5年目に転職するメリットは主に以下の2つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:スキルを生かした転職をしやすい

社会人5年目に転職するメリットとしてまず挙げられるのは、スキルを生かした転職をしやすいことです。

社会人5年目では現在の職種でのスキルをある程度身につけているはずです。

そのため、スキルを生かしてより面白い経験ができる会社に転職しやすい状況と言えます。

メリット②:未経験転職ができるチャンスもある

社会人5年目に転職するメリットとしては、未経験転職ができるチャンスがあることも挙げられます。

社会人5年目であれば、転職市場ではまだポテンシャル採用をしてくれる可能性があります。

社会人5年目は、未経験の職種に転職する最後のチャンスになります。

社会人5年目に転職する3つのデメリット

社会人5年目に転職するデメリットは主に以下の3つです。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:転職による昇進はない可能性がある

社会人5年目に転職するデメリットとしてまず挙げられるのは、転職による昇進はない可能性があることです。

社会人5年目の場合、まだマネジメント経験がない方も多いでしょう。

マネジメント経験がない場合には転職した時に昇進はない可能性が高いです。

マネジメントは経験によって身につく部分が大きいため、マネジメント未経験の人が転職による昇進を得られるチャンスは少ないのです。

デメリット②:給料が下がる可能性がある

社会人5年目に転職するデメリットとしては、給料が下がる可能性があることも挙げられます。

特に未経験での転職の場合には、給料が上がる可能性は低いと言わざるを得ません。

それでも転職したいかよく考えてから、転職に踏み切るべきです。

デメリット③:昇進のチャンスが先延ばしになる可能性がある

社会人5年目に転職するデメリットとしては、昇進のチャンスが先延ばしになる可能性があることも挙げられます。

どの会社でも、昇進するためには会社の上層部からのある程度の信頼が必要です。

社会人5年目ともなると会社からの信頼も高まってきて昇進のチャンスが巡ってきやすくなります。

しかし、転職するとその信頼値が0に戻ってしまい、信頼値がたまるmで昇進のチャンスが先延ばしになってしまうのです。

社会人5年目が転職を成功させる5つのコツ

社会人5年目が転職を成功させるコツは主に以下の5つです。

それぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

コツ①:転職理由はポジティブにする

社会人5年目が転職を成功させるコツとしてまず挙げられるのは、転職理由はポジティブにすることです。

一般的に、ネガティブな転職理由は好まれません。

企業の採用担当者は「やがて我社に対しても不満がたまって、すぐ転職するのではないか」と考えてしまうからです。

ポジティブな転職理由にすると、仕事に前向きに向き合う姿が想像でき、印象が良くなります。

コツ②:自己分析・キャリアの棚卸しをする

社会人5年目が転職を成功させるコツとしては、自己分析・キャリアの棚卸しをすることも挙げられます。

自己分析は新卒がやるもの、というイメージが強いですが、転職でも大きく役立ちます。

それに加えて、キャリアの棚卸しにすることで、自分がどんな人で、どんなポジションでうまく活躍できるのか採用担当者が想像しやすくなります。

これにより、転職の成功確率が上がるのです。

コツ③:転職先の条件をしっかり決める

社会人5年目が転職を成功させるコツとしては、転職先の条件をしっかり決めることも挙げられます。

世の中には本当にたくさんの企業がありますから、何の条件も決めずに転職してしまうと転職先は永遠に決まりません。

転職エージェントに求人を紹介してもらう時にも、条件が定まっていないと、キャリアアドバイザーがあなたに最適な企業を紹介することができません。

あらかじめ、業界、職種、勤務地、年収などについて条件を定めておくのが大切です。

コツ④:企業をしっかり研究する

社会人5年目が転職を成功させるコツとしては、企業をしっかり研究することも挙げられます。

仕事選びは人生で極めて重要な決断ですから、しっかり企業を研究して、自分に合った転職先を選ぶのがおすすめです。

また、面接まで進んだ場合、企業の採用担当者もあなたのために時間を割いてくれているのですから、その企業について知っておくのは礼儀です。

コツ⑤:複数の転職エージェントを活用する

社会人5年目が転職を成功させるコツとしては、複数の転職エージェントを活用することも挙げられます。

転職をする時には、無料であなたの転職をサポートしてくれる転職エージェントが大きな力になります。

転職エージェントは求人を紹介してくれるだけでなく、書類選考・面接対策まで行ってくれるからです。

複数の転職エージェントを活用すると求人の選択肢が広がり、あなたに合った転職先を見つけやすくなるのでおすすめです。

社会人5年目の転職におすすめの2つの時期

社会人5年目の転職におすすめの時期は主に以下の2つです。

社会人5年目の転職におすすめの2つの時期
それぞれについて詳しく見ていきましょう。

2~3月

社会人5年目の転職におすすめの時期としてまず挙げられるのは、2~3月です。

日本では新卒が4月入社になるため、中途採用も同じ4月入社に向けて求人の募集を行う場合が多いです。

特に第二新卒の場合には4月入社の時期に合わせると、新卒研修を新卒組と同じように受けれる可能性があるのでおすすめです。

8~9月

社会人5年目の転職におすすめの時期としては、8~9月も挙げられます。

8~9月はいわゆる秋採用がある時期だからです。

5年目の他のおすすめ転職タイミング

5年目の他のおすすめの転職タイミングは以下のとおりです。

それぞれの転職タイミングについて詳しく見ていきましょう。

【第二新卒枠を狙う】3年目

5年目の他のおすすめ転職タイミングとしてまず挙げられるのは、3年目です。

よく、「同じ会社で3年は働くべき」と言われますが、これは逆に考えれば、3年目が転職に適した時期と考えている人が多いということです。

3年目は社会人としての基本的なマナーが身につき、仕事でも独り立ちできる時期です。

その上、まだポテンシャル採用ができる時期なので、未経験職種にも挑戦しやすいです。

企業にとっては、基本的なビジネススキルを身に着けた若い人は魅力的なため、3年目での転職はおすすめになります。

【スキルを生かして次のステージへ】7年目

5年目の他のおすすめ転職タイミングとしては、7年目も挙げられます。

7年目ともなると、転職市場では即戦力としての活躍を期待されるようになります。

部下を持つ人も増えてきて、転職を使ったポジションアップも狙いやすい時期です。

一方、未経験での転職は厳しくなってくる時期でもあります。

【ブラック企業だった場合】すぐにでも

今所属している企業がブラック企業だった場合、すぐにでも転職すべきです。

人が幸福に生活する上で、体と心の健康は非常に重要です。

特に心の健康は損なわれると回復するまでに長い時間がかかります。

健康を損なう可能性があるブラック企業からはすぐに逃れるべきです。

社会人5年目におすすめの転職エージェント5選

社会人5年目におすすめの転職エージェントは主に以下の5つです。

それぞれの転職エージェントについて詳しく見ていきましょう。

【万人におすすめ】リクルートエージェント


出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは万人におすすめできる転職エージェントです。

業界最大手のリクルートが運営していることもあり、求人数が非常に多く、たくさんの選択肢の中から転職先を見つけられます。

キャリアアドバイザーが無料で熱心に背中を押してくれる転職エージェントです。

【万人におすすめ】doda


出典:doda

dodaは転職サイトとしての機能を兼ね備えた万人向けの転職エージェントです。

キャリアアドバイザーにおすすめの求人を紹介してもらうことができる一方、自分で求人を探すことも可能です。

大手企業から中小企業やベンチャーまで、幅広い求人を見つけられます。

【キャリアに自信がない方向け】マイナビジョブ20’s


出典:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは自分のキャリアに自信がない方におすすめの転職エージェントです。

名前の通り20代に特化した転職エージェントで、未経験OKの求人も多数保有しています。

業界大手のマイナビが運営している点み魅力的と言えます。

【キャリアに自信がない方向け】DYM就職


出典:DYM就職

DYM就職は丁寧なサポートに定評がある転職エージェントです。

既卒・ニート・フリーターに強く、未経験から正社員として働くために多くのサポートを行ってくれます。

具体的には、業界でも特に丁寧な面接対策を行ってくれますし、書類選考なしで面接に進むことができます。

【ハイキャリア向け】リクルートダイレクトスカウト


出典:リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトはハイキャリア向けの転職エージェントです。

求人の条件が良いことが最大の特徴で、レジュメを登録しておくと、ヘッドハンターがあなたをスカウトしてくれます。

業界大手のリクルートが運営しており、求人数も豊富になっています。

5年目の転職のまとめ

社会人5年目が転職すべきか判断する材料としては以下のようなものが挙げられます。

社会人5年目に転職するメリットは以下のとおりです。
社会人5年目に転職するデメリットは以下のとおりです。
社会人5年目が転職を成功させるコツは以下のとおりです。
社会人5年目の転職におすすめの時期は以下のとおりです。
社会人5年目の転職におすすめの2つの時期
5年目の他のおすすめ転職タイミングとしては以下のようなものが挙げられます。
社会人5年目におすすめの転職エージェントは以下のとおりです。

ABOUT US

和佐 崇史
和佐 崇史
文章を書くこと、読むことが大好きな大学生です。中学2年生で漢検2級を取得するなど、言葉については詳しい自信があります。Webライターとしてはこれまで累計1,000記事以上を執筆してきました。