それぞれの特徴は?「上白糖」と「グラニュー糖」と「三温糖」の違い

違いのギモン

砂糖には、「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」など色々な種類がありますが、違いが分からずに結局同じものを使っていることも多いのではないでしょうか。

それぞれどのような特徴があるのか、気になりますよね。この記事では、「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:違いは、純度

「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」の違いは、純度です。

「上白糖」は、製造の最終過程で転化糖がまぶしてあるので、純度は中間で、「グラニュー糖」は、純度が一番高く、サラサラしています。

「三温糖」は、2つの砂糖を精製したあとに残る糖蜜(とうみつ)から作られているので、純度が低いです。

「上白糖」をもっと詳しく

「上白糖」の純度は、「グラニュー糖」と「三温糖」の中間で、ショ糖の割合は約97.8%です。ショ糖とは、砂糖の主成分です。

白い砂糖は、漂白していると思っている人もいるかもしれませんが、これは間違いで、本来、ショ糖は無色透明ですが、光が反射することによって白く見えています。

 

「上白糖」は、ショ糖という砂糖の主成分が作られた後に、製造の最終過程で転化糖が1.3%程度加えられることで、水分を含みしっとりとなります。転化糖とは、ショ糖に水を加えることで反応が起こり、ブドウ糖と果糖に分解したもので、同じ量のショ糖よりも甘くなります。

味も「グラニュー糖」ほど薄くなく、「三温糖」よりも濃くないので、様々な料理に使うことができます。色々な用途で砂糖を使いたいという場合には、「上白糖」を選ぶのが良いでしょう。

「上白糖」でクッキーを作った場合、先にも書いたように「上白糖」には水分が含まれているので、しっとりとした食感のクッキーになります。

スポンサードリンク

「グラニュー糖」をもっと詳しく


「グラニュー糖」は、最も純度が高い砂糖で、ショ糖の割合は、約99.9%です。他の味の邪魔をしないことや、飲み物に溶けやすいという特徴から、コーヒーや紅茶によく使われます。

また、「上白糖」と比べて焦げにくいのも特徴で、お菓子作りに適しています。たとえば、「グラニュー糖」でクッキーを作った場合、サクッと軽い食感のクッキーになります。

日本で砂糖というと、「上白糖」が主流ですが、海外では、「グラニュー糖」が主流です。

「三温糖」をもっと詳しく


「三温糖」は、純度が低い砂糖で、「グラニュー糖」や「上白糖」を作った後に残る糖蜜を、数回加熱することで作られ、ショ糖の割合は、約96.4%です。

「三温糖」が茶色いのは、過熱の段階で、カラメルのように焦げるからです。「上白糖」や「グラニュー糖」に比べると甘味も強くコクがあるため、煮物や佃煮に適しています。

「三温糖」は、ミネラル分が豊富で、ほかの砂糖よりも体に良いと言われますが、「三温糖」に含まれるミネラルは0.15%で、「上白糖」に含まれるミネラルは、0.01%なので、体に良いといえるほどの差ではありません。

スポンサードリンク

補足:値段

「上白糖」を作るコストは「三温糖」を作るよりも同じか、高いのですが、「上白糖」の方が消費される量も多いので、値段は、「三温糖」の方が少し高いです。「グラニュー糖」は、その中間の値段です。有名なメーカーの砂糖の値段を比べたものを表にしました。

上白糖(1kg)グラニュー糖(1kg)三温糖(1kg)
パールエース228円253円288円
三井製糖339円350円592円

まとめ

以上、この記事では、「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」の違いについて解説しました。

  • 上白糖:「グラニュー糖」と「三温糖」の中間の純度
  • グラニュー糖:一番純度が高い
  • 三温糖:一番純度が低い

普段私たちに一番なじみのある「上白糖」は、色々な料理に使えることが分かりましたね。しかし、ほかの2つの砂糖にも良いところがあるので、使い分けてみるのも面白いかもしれません。

スポンサードリンク