これで解決!「駐車」と「停車」の違い

違いのギモン

現代社会にとって自動車はなくてはならないものなっています。

自動車は大変便利な移動手段です。自動車がなくては現代社会はうまく回っていかないでしょう。

しかし、自動車を使うときに私たちの頭を悩ませる問題が1つあります。それは「車をどこに止めるか」です。

「駐停車禁止」場所や「駐車禁止」場所に車をとめてしまった日には大変です。法令に則って罰則が科せられます。

 

ところで、この「駐車」と「停車」にはどういった違いがあるのでしょうか。言葉の響きは似通ったものですが、そこには明確なニュアンスの差が存在しています。

この記事では、意外と知られていない、「駐車」と「停車」の違いについて詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

結論:車を止める際の程度の差

車を止めている時間が5分を超えるか、運転手が車から離れていて車をすぐに運転できない状態を指す言葉を「駐車」と呼びます。

それに対し、車を止めている時間が5分未満であり、車をすぐに運転できる状態であることを指す言葉を「停車」と呼びます。

「駐車」についてもっと詳しく


「駐車」とは、車を止めている時間が5分以上、または、運転手が車から離れていて車をすぐに運転できない状態を指す言葉です。

上記のどちらかの条件を満たしていれば、それは「駐車」となります。つまり、車を止めている時間が5分以内であったとしても、運転手が車を離れてしまい、車をすぐに運転できる状態でなければ、それは「駐車」と分類されることになります。

このことは「道路交通法」によって定められているものです。

 

「駐車場」を「停車場」と呼ばない理由はここにあります。例えば、スーパーに車を止める場合、その大半が「車を止める時間が5分以上」でしょうし、「運転手が車を離れて、車をすぐに運転できない」状態になるでしょう。

だから、スーパーやコンビニ等の車を止めるスペースは「停車場」ではなく、「駐車場」と呼ばれているのです。

スポンサードリンク

「停車」についてもっと詳しく

「停車」とは車の停止が5分以内で、かつ運転者がすぐに運転できる状態での短時間の停止を指します。

つまり、停車時間が5分以内であったとしても、運転手が車を離れていてすぐに発車できる状態でなければそれは「駐車」になるということです。

まとめ

以上、この記事では「駐車」と「停車」の違いについて説明しました。

  • 駐車:車を止めている時間が5分以上であるか、運転手が車を離れていてすぐに車を運転できない状態
  • 停車:車を止めている時間が5分未満であり、運転手が車を離れておらず、すぐに車を運転できる状態

つまり、「駐車禁止」という看板があっても、「車を止めている時間が5分未満であり、運転手が車を離れておらず、すぐに車を運転できる状態」であるなら問題はないということです。

しっかりと言葉の意味の違いを理解し、正しく使い分けていきましょう。

スポンサードリンク