意外と単純!「ラグ」「カーペット」「絨毯」の違い

違いのギモン

インテリアに欠かせない「ラグ」や「カーペット」や「絨毯(じゅうたん)」ですが、その違いは何なのでしょうか。この記事で詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

結論:大きさの違い

「ラグ」は約三畳ほどのサイズまでの敷物のことをいいます。

「カーペット」は「ラグ」よりも大きいサイズのものをいいます。

「絨毯」はカーペットと同じです。

「ラグ」をもっと詳しく


ラグは、約三畳くらいまでの小さめのサイズの敷物です。

しかし、海外では違う区別をすることもあります。イギリスでは、部屋に敷き詰めるものをカーペット、敷き詰めないものをラグと言います。また、アメリカでは機械で織られたものをカーペット、手織りのものをラグと言います。ですがどちらもはっきりとした区切りがあるわけではありません。

ラグは、部屋全体ではなく、部分的に必要な部分に敷きます。例えば、ソファーやベッドの足元などに使われます。

ラグをフローリングに敷くことで、ほこりが舞うことを防ぐことができたり、断熱効果も期待できます。

また、ラグは、汚れにくい素材でできているものが多いです。また、デザイン性が高いものが多いのもラグの特徴です。

おしゃれなデザインのラグを敷けば、インテリアとして部屋のアクセントにもなります。

スポンサードリンク

「カーペット」をもっと詳しく


カーペットはラグより大きく、基本的に部屋に敷き詰めるものです。

カーペットを部屋全体に敷き詰めることによって、断熱効果が期待できます。それから、フローリングに敷くことにより、ほこりが舞い散るのを防ぐことができます。

また、防音効果もあるため、アパートやマンションでは騒音のトラブルを防ぐことにつながります。

カーペットは、ウール、ナイロン、ポリエステル、アクリルなど、素材も様々なものがあるので、状況に合わせて選ぶことができます。

「絨毯」をもっと詳しく


一般的には、絨毯はカーペットと同じものです。

しかしその織り方で区別することもあります。敷物に使われる織物全般のことをカーペットと言い、その中でもパイルと呼ばれる添毛織り(てんもうおり)の織物のことを絨毯と言います。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「ラグ」「カーペット」「絨毯」の違いについて解説しました。

  • ラグ:約三畳くらいまでのサイズのもの
  • カーペット:約三畳より(ラグより)大きいサイズのもの
  • 絨毯:カーペットと同じ

素材やデザインの違う様々なラグやカーペットや絨毯が販売されています。お部屋のコーディネートに取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク