何が違う?「キャパシタ」と「コンデンサ」の違い

違いのギモン

電子機器でよく使われている「キャパシタ」と「コンデンサ」について知っていますか?

近年、電気自動車のバッテリーとしての期待の高まりから、「キャパシタ」という言葉を聞く機会が多くなったと思います。以前からある「コンデンサ」との使い分けが分かりにくいですが、実は日本語と英語のそれぞれで用法が異なっています。

そこで今回は、「キャパシタ」と「コンデンサ」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:差す意味の範囲が国によって違う

日本では従来、「キャパシタ」と「コンデンサ」を蓄電装置の意味で全く同じように用いていました。

近年は、新しいタイプの蓄電装置を「キャパシタ」と呼ぶ傾向があります。

本来、同じものを指しているのですが、日本語でも英語でも違いがあります。まず「キャパシタ」や「コンデンサ」が何を意味するかを解説した後、日英それぞれのケースに分けて違いを説明していきます。

キャパシタ、コンデンサとは?


「キャパシタ」「コンデンサ」とは、どちらも「電気を蓄え放電できる蓄電装置」のことを指します。電圧を安定させる機能があり、携帯電話やテレビなど多くの電子機器にも使われています。

様々な種類が存在し、使用される材料によって、「アルミ電解コンデンサ」や「セラミックコンデンサ」などがあります。

スポンサードリンク

日本語における違い


この蓄電装置は、日本で主に「コンデンサ」と呼ばれてきました。

同時に「キャパシタ」という用語も全く同じ意味で用いられ、特に輸入販売者が、英語で一般的に用いられる “capacity” という名前を直訳する形で使っていました。

近年、従来のコンデンサよりも容量が格段に上がった「電気二重層コンデンサ」という種類のコンデンサが注目されています。電気自動車の充電効率を格段に上げられると言われ、期待が高まっています。

最近は、このような新しいコンデンサを「キャパシタ」と呼ぶことが多いのです。

これは、新しい技術であることをアピールするために、今まであまり使われてこなかった「キャパシタ」という言葉を用いているだけで、「コンデンサ」と意味自体は変わりません。

英語における違い


“capacitor” と “condenser” は、指す範囲が違います。

“condenser” は、“capacitor” と同じ「蓄電装置」の意味に加え、「集光レンズ」や、冷蔵庫で使われる「凝縮器」を指すこともあります。

このように “condenser” が広い意味を持つため、日本で言う「キャパシタ」や「コンデンサ」を示したい場合は、“capacitor” を使うといいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「キャパシタ」と「コンデンサ」の違いについて解説しました。

  • キャパシタ:特に新型の蓄電装置の呼称
  • コンデンサ:蓄電装置の従来の呼称

今後、「キャパシタ」や「コンデンサ」の注目度は、益々上がっていくと予想されます。用いられている単語に惑わされないように、この違いを理解しているといいですね。

スポンサードリンク