知って納得!「カヌー」と「カヤック」の違い

違いのギモン

「カヌー」や「カヤック」はウォータースポーツの定番ですよね。やったこともある人もいると思います。では、「カヌー」と「カヤック」の違いは何なのでしょうか。そう言われると答えられない人も多いと思います。

そこで、今回は「カヌー」と「カヤック」の違いについて解説していきたいと思います。

結論:カヤックはカヌーの一種

カヌーとは本来は「ブレード(水をかくパドルの水かきのような部分)を使って水をかき前進する船の総称」のことです。

そして、カヤックはその中の一種で、パドルの両側にブレードがついているものを指します。

「カヌー」をもっと詳しく

カヌーとは本来はブレードを使って水をかき前進する船の総称です。しかし、定義はあいまいです。

そして、一般的にウォータースポーツで「カヌー」と言った場合にはカナディアン・カヌーのことを指します。

カナディアン・カヌーとはもともとインディアンが湖などを移動するために使っていた、動物の骨や皮を使って作られた小舟のことです。そして、現在では動物の骨や皮では作られていないものの、形はほとんど変わっていません。

また、カナディアン・カヌーのパドルは片方にだけブレードがついているシングルブレードパドルです。そして、漕ぐ時にはカヌーの左と右を交互に漕ぐか、もしくはJストロークという技術を使います。

Jストロークとは、アルファベットのJのようにパドルを漕ぐことで、カヌーの片側だけ漕いでまっすぐに進む技術です。

ちなみに、2人で漕ぐ時は1人が左側を漕いで、もう1人が右側を漕ぎます。

 

そして、カナディアン・カヌーは小さいながらも安定感のある作りです。そのため、横になってくつろぎながら景色を楽しんだり、船の上で釣りを楽しんだりしたい人におすすめです。そして、漕ぐ場所は波があまりないおだやかな場所が良いでしょう。

また、オープンデッキなのでデッキ上が広々しており、荷物積載能力に優れています。

ちなみに、カヌーはボートのように後ろ向きに進むのではなく、パドルを漕いで前向きに進みます。

「カヤック」をもっと詳しく

カヤックとは、カヌーの1種で、パドルの両側にブレードがついているダブルブレードパドルのものを指します。

そもそも、カヤックの起源はアリューシャン諸島でエスキモーが狩猟のために海で使っていた小船です。この地域は寒いので、狭い氷の割れ目をぬいながら、アザラシを狩猟していました。

そして、そのような海で船がひっくり返ってしまうと命に関わるため、カヤックには波があっても簡単に沈没しないような工夫があり、浸水もしにくいような仕組みになっています。

ちなみに、先ほどカヤックはカヌーの1種だと説明しましたが、ウォータースポーツではカヤックとカヌーはまったく別の競技です。

また、カヤックは体をもぐりこませて乗船するクローズドデッキの船です。そして、細長く強度もあります。そのため、波を上からかぶっても簡単には浸水しません。

また、たとえ強い波で船がひっくり返されてしまっても、ロール(エスキモーロール)という技術を使えば元通り起き上がることができます。ちなみに、基本的に体育座りで乗船します。

 

そして、カヤックの形は使用するフィールドによって異なります。例えば、海ではシーカヤックを用いますし、川ではリバーカヤックを用います。

まとめ

以上、この記事では、「カヌー」と「カヤック」の違いについて解説しました。

  • カヌー:ブレードを使って水をかき前進する船の総称
  • カヤック:カヌーの1種

海や川に行くと、カヌーやカヤックが置いてあるところもあるかもしれません。カヌーやカヤックに乗るときにその違いが解説できたりするとかっこいいですよね。