実は奥が深い!「キャンディ」と「ドロップ」の違い

違いのギモン

どちらも日本語では『飴 (あめ) 』を意味する、「キャンディ」と「ドロップ」。

小さいころから何気なく口にしているお菓子ですが、実は両者には違いがあるのです。

そこで今回は、「キャンディ」と「ドロップ」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:「ドロップ」は「キャンディ」の一種

「キャンディ」とは西洋から伝えられた飴・砂糖菓子のことです。

また、キャンディーには『ハードキャンディ』と『ソフトキャンディ』の二種類があり、「ドロップ」は『ハードキャンディ』に分類されます

つまり、「ドロップ」とは「キャンディ」の一種であり、「キャンディ」は『ハードキャンディ』と『ソフトキャンディ』の総称なのです。

「キャンディ」とは


「キャンディ」とは、西洋から伝えられた飴・砂糖菓子のことです。

キャンディーの歴史は古く、現在のようなキャンディになったのは17世紀ごろです。

古代エジプト人が、イチジクやデーツといった果実とナッツを、はちみつを使って組み合わせたのが始まりと言われています。

 

「キャンディ」には『ハードキャンディ』と『ソフトキャンディ』の二種類があります。

『ハードキャンディ』とは、ドロップやバタースコッチ、トフィーなど、硬いキャンディのことです。

一方『ソフトキャンディ』とは、キャラメル、ヌガーなどがあります。
(実はマシュマロもソフトキャンディの仲間!)

 

また、「キャンディ」という呼び方は、主に日本では『飴』のことを指します。

一方海外では、ハロウィンで配られる際のスナック菓子や、チョコレート菓子もキャンディと呼びます。

名前の由来は定かではなく、アラビア語で砂糖を意味する “quand” という説もあれば、ラテン語や、インドの古い菓子の名前からきているという説があります。

スポンサードリンク

「ドロップ」とは


「ドロップ」とは、『ハードキャンディ』と呼ばれる「キャンディ」の一種です。

上記で解説したように、キャンディには『ハードキャンディ』と『ソフトキャンディ』があり、「ドロップ」はそのうちの『ハードキャンディ』に分類されます。

 

しかし、19世紀まではハードキャンディはあまり人気がありませんでした。

というのも、ハードキャンディと言えばレモン味かペパーミント味という固定観念があったからです。

1851年のロンドン万国博覧会の際、中にクリームの入ったフランス式のキャンディが紹介され、ハードキャンディの味に対する考えは変化していったのです。

 

国によって文化が違うように、キャンディのスタイルも国によってさまざまです。

以前は、日本ではカンロ飴や黒飴が、アメリカではメープルシロップのキャンディやゴマのキャンディが好まれました。

しかし、現在では世界中の味を楽しむことができるようになったので、選択肢はぐんと多くなりました。

 

ちなみに、日本に西洋の菓子が輸入されるようになったのは1970年代でした。

バタークッキーやチョコレート菓子が日本にやってきたのも、この頃でした。

まとめ

以上、今回は「キャンディ」と「ドロップ」の違いについて解説しました。

  • キャンディ:西洋から伝えられた飴・砂糖菓子
  • ドロップ:ハードキャンディと呼ばれるキャンディの一種

現在では世界中の色々なタイプのキャンディを、簡単に手に入れることができます。

しかし、そこには長い歴史と変遷があったのです。

これを機に、キャンディの歴史をたどってみるのも面白いかもしれませんね。

スポンサードリンク