何が違う?”buy”と”purchase”の違いをわかりやすく解説

違いのギモン

“buy”と”purchase” は、どちらも「買う」を意味しますよね。英語の授業で習った時、「いったい何が違うの?」「どうやって使い分けるの?」と疑問を覚えた人も、少なくないのではないでしょうか?

この記事では”buy”と”purchase”の違いをわかりやすく解説します。

結論:フォーマルさと、指し示す意味の範囲が違う!

一般的に、“buy”は日常的に使うカジュアルな単語で、”purchase”はフォーマルで堅い単語だとされています。

“buy”はそのカジュアルさ故に、「購入する」という意味での「買う」以外にも、さまざまな意味を指し示すことができます。反対に、”purchase”は基本的に「購入する」という意味を表すことがほとんどです。

例文を参考に、詳しく両者の違いを見ていきましょう。

“buy”をもっと詳しく


“buy”はドイツ語由来の英単語であり、日常的に買い物をする際など、口語で使われることが多いです。過去形、過去分詞形は”bought”です。

もちろん、シンプルに「買う」という意味を指すこともできますが、他にもいろいろと意味があります。”buy”の意味は大まかにわけて4つあります。

buyの4つの意味
  1. (商品などを)買う、買い物をする
  2. 買収する
  3. 手に入れる
  4. 受け入れる
①は、買い物をするという意味の「買う」です。②は、会社などを買収する際や、人に賄賂(わいろ)などを渡して自分の思い通りに行動させる際などに用います。③は、代償を払って、価値のあるものを手に入れることを指します。④は、他人の考えや話を信じたり、受け入れたりすることです。

それぞれを使った例文は以下の通りです。

例文
  1. Where did you buy this book?(どこでその本を買ったの?)
  2. CompanyA was bought by CompanyB.(A社はB社に買収された。)
  3. Can you buy some time?(ちょっと時間稼ぎしてくれない?)
  4. I can’t buy such a terrible idea.(そのようなひどい考えは受け入れられない。)

“purchase”をもっと詳しく