「侮蔑(ぶべつ)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「侮蔑(ぶべつ)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「侮蔑」の意味をスッキリ理解!

侮蔑(ぶべつ):他人を見下し、馬鹿にすること

「侮蔑」の意味を詳しく


「侮蔑(ぶべつ)」を構成しているそれぞれの漢字について考えてみましょう。

「侮」は、訓読みで「侮る(あなどる)」と読みます。これは、「人のことを軽く見て、馬鹿にすること」を意味しています。

また、「蔑」は、訓読みで「蔑む(さげすむ)」と読みます。「蔑む」とは、「自分より能力や人格が劣っている、価値が低いとみなして他人を見下すこと」です。

これらの漢字が合わさって、「侮蔑」は「他人を見下し、馬鹿にすること」という意味を持っています。

 

なお、「侮蔑」は「さげすむ」という意味合いの強い言葉です。また、話し言葉としてはあまり用いられず、文章語的な表現であると言えます。

スポンサードリンク

「侮蔑」の使い方

「侮蔑」の使い方として、以下のような例文が挙げられます。

  1. 人のことを侮蔑するようなことは、言うべきではない。
  2. 彼は、侮蔑を含む嫌味な言い方をよくする。
  3. あの人の態度には、侮蔑の念を抱ずにはいられない。

「侮蔑」は、例文①のように「侮蔑する」という動詞の形で用いられる場合が多いです。

また、例文②③のように名詞として使用されることもあります。

「侮蔑」の類義語

侮蔑には以下のような類義語があります。

  • 軽蔑(けいべつ):劣っていて価値がないものとみなして、馬鹿にすること
  • 蔑視(べっし):蔑むように見下すこと
  • 軽侮(けいぶ):侮り、軽んじること
  • 侮辱(ぶじょく):見下して、はずかしめること

「軽蔑」は、広く使われる言葉です。話し言葉としてもよく用いられます。

「軽侮」は「軽蔑」よりもやや軽い意味合いの言葉です。また、話し言葉としてはあまり使われず、文章語的です。

「蔑視」は、対象の価値を判断している場合だけではなく、「明確な根拠もなしに低く見る」ような場合にも用いる言葉です。

スポンサードリンク

「侮蔑」の対義語

侮蔑には以下のような対義語があります。

  • 尊敬(そんけい):相手の人格や行為、業績などを優れていると認めて、うやまうこと
  • 敬仰(けいぎょう/けいこう):うやまい、尊ぶ(とうとぶ)こと
  • 敬慕(けいぼ):うやまい、慕う(した)こと
  • 敬畏(けいい):心からうやまうこと

「侮蔑」の英語訳

侮蔑を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • contempt
    (軽蔑、侮辱、軽視)
  • an insulting remark
    (侮蔑の言葉)
  • disdainful
    (〜を軽蔑して、軽蔑的な)

“an insulting remark” は、形式ばった丁寧な表現です。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「侮蔑」について解説しました。

読み方 侮蔑(ぶべつ)
意味 人を見下し、馬鹿にすること
類義語 軽蔑、蔑視、慢侮など
対義語 尊敬
英語訳 contempt(軽蔑、侮辱、軽視)

相手を侮蔑しても、自分自身に良いことは起こりません。

人の良いところを見つけ、それを「すごい」と認めることが大切です。これによって、自分を改めて見つめ直し、新たな発見することができるはずです。それは、自身の成長につながるきっかけにもなるでしょう。

スポンサードリンク