大人なら知っておきたい「ボロネーゼ」と「ミートソース」の違い

違いのギモン

挽肉、玉ねぎ、にんじん、トマト。これらの食材を使ったパスタといえば、なんでしょうか。おそらく、思いつく料理は2つあるでしょう。そう、「ボロネーゼ」と「ミートソース」です。

レストランやスーパーで時折目にするこの2つですが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

結論

ボロネーゼはイタリア・ボローニャで発達した料理です。一方ミートソースはアメリカ経由で日本に入り、ボロネーゼから変化した料理です。

ボロネーゼ


ボロネーゼの正式名称は「ラグ―・アラ・ボロネーゼ(Ragù alla bolognese)」であり、ボロネーゼはイタリア語で「ボローニャ風の」、ラグーは「煮込み料理、ソース」という意味を持っています。

ボローニャはイタリアの都市で、美食の街として知られています。つまりボロネーゼとは、「ボローニャの煮込み料理」を指します。

特徴としては、ワインを入れて煮込むこと、タリアテッレという平たいリボン状の麺を使うことが多いことが挙げられます。

スポンサードリンク

ミートソース


ミートソースは戦後アメリカ経由で日本に広まった料理であり、流通する過程で本場イタリアにはない独自の変化を遂げました。そのため、イタリアにはミートソースという料理はありません。

特徴としては、ウスターソースやケチャップ、はちみつ等を入れ、甘さのあるソースであることが挙げられます。麺は通常のスパゲティを使用します。

まとめ

ボロネーゼとミートソースで使用する材料は非常に似ていますが、ワイン有無や甘さにより、異なる料理となっています。ボロネーゼは大人っぽい高級感のある味、ミートソースは老若男女が楽しめる味といえるでしょう。

以上、この記事では「ボロネーゼ」と「ミートソース」の違いについて解説しました。

  • ボロネーゼ :イタリア・ボローニャで発達。ワインを入れ、タリアテッレと絡める。
  • ミートソース:アメリカ経由で日本に入る。甘みのあるソース。

日本国内でより広く知られているのはミートソースでしょう。あまりボロネーゼを食べたことのない人は、たまには高級感のあるボロネーゼを作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク