「ブラフ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ブラフ」です。

「ブラフ」の意味、使い方、語源、類義語、「嘘」との違いについてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ブラフ」とは?

ブラフ(bluff):はったり

「ブラフ」の意味を詳しく

「ブラフ」とは、相手を威圧するために強気な態度をとることを意味します。

「ブラフ」とは「はったり」という意味です。はったりは、嘘の情報で相手を惑わすことや、威圧的な態度で相手を脅すことを意味します。

例えば、トランプゲームをしている時に、自分の手札が弱いにも関わらず手札がつように見せかける行為を指します。このような方法で相手を威圧することは「ブラフ」です。

スポンサードリンク

「ブラフ」の使い方

「ブラフ」を使った例文を紹介します。

  1. 彼のブラフに油断して、トランプゲームで負けてしまった。
  2. 彼はいつも弱気なため、ブラフをかけることが苦手である。
  3. アメリカのかけたブラフに萎縮した日本は、交渉の主導権を握られてしまった。
  4. 彼女は相手のブラフに全く動じず、冷静に物事をすすめた。

ブラフは駆け引きの場面で使用されます。例えばビジネスやスポーツ、そしてゲームをするときにブラフの要素が含まれます。駆け引きの場面では、ブラフを上手に使えないことで不利な状況に陥ることがあります。

「ブラフ」の語源

「ブラフ」の語源はオランダ語の “bluffen” です。元々は「自慢する」という意味の言葉でした。その意味が転じて「はったり」という意味の “bluff” が生まれました。現実に脚色を加えて自慢することが、現在の意味合いに変化していきました。

また、英語の “bluff” は切り立った断崖、絶壁という意味も持ちます。絶壁に立ったけど、飛び降りもしないまま虚勢を張るイメージから、「はったり」という意味が持たれるようになりました。

スポンサードリンク

「ブラフ」の類義語

「ブラフ」には以下のような類義語があります。

  • はったり
  • 見せかけ
  • 威圧
  • 誇張表現
  • こけおどし
  • 見栄を張る

「こけおどし」とは、見せかけで中身のない手段のことです。ブラフとして使う「こけおどし」は、あえて自分が相手よりも劣っていると勘違いさせるために行うことがほとんどです。相手は自分の立場が優位であると勘違いし、油断や隙ができてしまいます。

「ブラフ」と「嘘」の違い

「ブラフ」と「嘘」の違いは区別がしづらいです。「ブラフ」は物事を誇張して話し、相手を威圧することです。「嘘」は真実ではないことです。

「ブラフ」は「嘘」の一種です。しかし、「ブラフ」は事実を大げさに言うことも含みます。そのため必ず真実ではないとは限りません。「ブラフ」と「嘘」を使い分けることが必要です。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「ブラフ」について解説しました。

英語表記 ブラフ(bluff)
意味 相手を威圧するために強気な態度をとること
語源 オランダ語の “bluffen” より
類義語 はったり、見せかけ、こけおどしなど
嘘との違い 事実であるか否か

日常生活ではあまり使用しない「ブラフ」という言葉を紹介しました。海外では「ブラフ」というボードゲームがあったり、カードゲームを用いたポーカーでブラフをかけ合う文化が根付いているため、この単語はよく使用されます。

ビジネスの場面では、交渉や説得の時に使うことがあるため、ぜひ言葉の意味を覚えておきましょう!

スポンサードリンク