同じようで違う!「出生地」と「出身地」の違い

違いのギモン

みなさんの「出生地」はどこでしょうか。

産婦人科の病院で生まれたという人もいれば、自宅で生まれたという人もいるかもしれません。

また、中には車の中など移動中に生まれてしまった人もいるのではないでしょうか。

 

ところで、「出生地」と似た意味の言葉として「出身地」がありますよね。

みなさんはこの2つの言葉を同じ意味だと思っていませんでしょうか。

実は、「出生地」と「出身地」が同じという人もいれば、違う人もいるんです。

そこで、今回は「出生地」と「出身地」の違いについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

結論:意味が違う

まず、「出生地」とは生まれた場所のことです。

一方、「出身地」とは一般的には生まれてから15歳になるまでの間に一番長い間過ごした場所のことです。

つまり、「出生地」と「出身地」では意味が異なるのです。

「出生地」をもっと詳しく

出生地とは生まれた場所のことです。

そして、出生地は戸籍謄本(こせきとうほん)にも記されるため、法律的にも明確なものです。

生まれた場所の住所が記載されるので、通常は生まれた産婦人科の病院の住所になります。

また、家で生まれた場合には、自宅の住所になりますし、移動中に生まれてしまったら、その場所が出生地ということになります。

 

ちなみに、日本では赤ちゃんが生まれたら14日以内に役所へ「出生届(しょっしょうとどけ)」を提出する必要があります。

そして、出生届の項目に「出生の年月日時分及び場所」の項があり、そこに記された住所がその人の「出生地」になります。

スポンサードリンク

「出身地」をもっと詳しく

出身地とは一般的には生まれてから15歳になるまでの間に一番長い間過ごした場所のことです。

しかし、「出身地」は複雑で、主に3つの解釈を考えることができます。

 

まず1つめは「生まれた土地」という解釈です。この場合は「出生地」と同じです。

次に、2つめは「育った土地」という解釈です。

そして、3つめは「生まれ育った土地」という解釈です。

 

もし生まれてから引っ越しをせず、同じ場所で育った場合には「出生地=出身地」となるので簡単です。

しかし、親の転勤などで住む場所を転々としていたりして、生まれた場所と育った場所が異なる場合にはやっかいなことなります。

そのため、「出身地」は便宜的に子ども時代にもっとも多くの時間を過ごし、一番影響を受けた場所を指すことが多いでしょう。

 

しかし、中学を卒業した土地と長く住んでいた場所が異なる場合は話が面倒になるので、中学を卒業した土地を出身地とする人が多いです。

また、出身地には上記のように「生まれた土地」という解釈もあるので、生まれた場所と育った場所が異なる場合には「〇〇生まれ、××育ち」と表現することが多いでしょう。

まとめ

以上、この記事では、「出生地」と「出身地」の違いについて解説しました。

  • 出生地:生まれた場所のこと
  • 出身地:一般的には生まれてから15歳になるまでの間に一番長い間過ごした場所のこと

頻繁に引っ越しをしていると、「出生地」と「出身地」が異なる場合があるんですね。

今度からは間違えないように使っていきたいものです。

スポンサードリンク