かっこいい自転車 !「bmx」と「mtb」の違い

違いのギモン

「bmx」と「mtb」は、自転車が関係していることは何となく知っていても、詳しいことは意外と知らないのではないでしょうか。そこで、この記事ではその二つの違いを詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

結論:競技用自転車かオフロード用の自転車か

「bmx」は20インチ径ホイールを持つ競技用自転車です。

「mtb」はマウンテンバイクの略で、オフロード用の自転車です。

「bmx」をもっと詳しく


「bmx」は、 “Bicycle Motocross” の略で、20インチ径ホイールを持つ競技用自転車のことです。小型の自転車です。

「bmx」の競技は、技の危険さや華麗さなどを競うエクストリームスポーツの一種である「フリースタイル」と「レース」が存在します。

「フリースタイル」とは

「フリースタイル」の競技では、様々な技を披露し、その難易度や独創性を競います。制限時間内で自由に技を行い、ジャッジがつけたポイントで順位が決まります。

また、競技としてではなく、ストリートカルチャーの一つとして創造的な走りを楽しむという側面もあります。

フリースタイル用のbmxは、主に「クロモリ」という鉄の中でも強度と柔軟性が高い素材が使われています。ハイテンスチール(鉄素材でも純度が違うもの)という素材を使った安価なモデルもありますが、その強度や柔軟性は劣ります。

フリースタイルには種類が3種類あります。

フラットランド

フラットランドは、舗装された平らな地面を走ります。足は地面につかないようにして、バランスを取りながら技を連続して行います。

前輪と後輪の左右についているペグというパーツに乗り、様々な体制になりながらハンドルやシートを保持します。

大きいジャンプなどはしないため、パイプは細めで、パーク用やストリート用と比べてかなりコンパクトです。

パーク

パークは、スケートパーク施設で走ります。また、コンクリートパークでの走行も人気があります。

大きなセクションでダイナミックなジャンプをすることが特徴です。

パークとストリートは同じbmxで行うことができますが、わずかなサイズの違いでパーク向きかストリート向きかに分かれたりします。

パークでは、ストリートと比べて、やや細く溝が浅いタイヤが好まれます。転がりの良いタイヤが向いています。

また、パークのbmxは土でできたジャンプコースなどを走ることもできますが、その時は溝が深めのタイヤのものが適しています。

ストリート

ストリートは、街中を走行します。街中の手すりや縁石、壁といった構造物や地形を利用します。段差でジャンプしたり、手すりにペグをひっかけて滑ったりなど、思いつくままに技を繰り広げます。

ストリートのタイヤはやや太めが好まれます。高所から着地したときに負担がかかるからです。また、車体は軽さより丈夫さを重視したほうが良いでしょう。

「レース」とは

「レース」では、様々な種類のジャンプ台が設置された約 400 m のコースをレーサー(最大8人)が一斉に走り競います。子供用の自転車もあり、4歳くらいから始めることができるため、自転車競技の出発点となることも多いです。

レース用のbmxは、主にアルミニウムやカーボン素材のものが主流です。

スポンサードリンク

「mtb」をもっと詳しく

「mtb」はマウンテンバイクのことで、荒野や山岳地帯、林道といったオフロードを走るための自転車です。

オフロードを走行できるように、車体は軽量化されていて、衝撃に強くなっています。また、タイヤも太く、ブレーキも丈夫です。地面からの衝撃を吸収するサスペンションという装置もついています。

競技の種類も多く、用途や使用するスタイルに合わせて細分化が進んでいます。

主な競技

「mtb」の主な競技を紹介します。

クロスカントリー

アップダウンのあるオフロード・コースで順位を競うレースです。コースは1周 5km 以上で、設定時間にあわせて5~8周程度します。60㎞以上のコースを使用するクロスカントリー・マラソンや、リレー形式で行うレースなどもありますが、いずれも持久力だけでなく、技術の総合力が試されます。

ダウンヒル

オフロードの下りのみのコースでタイムを競います。距離は1.5~3.5㎞です。最高時速90㎞にも達することもある、とてもハイスピードなレースです。マウンテンバイクの高いコントロール技術が求められます。夏場のスキー場などがよく会場として使われています。

デュアルスラローム

平行な、下りの2コース(100~400m)を2人同時に走り、それを交互に繰り返した合計タイムを競うレースです。旗門やジャンプなどがいくつも設けられ、マウンテンバイクの繊細なコントロール技術が求められます。相手との駆け引きもあり、短いコースの中に技術的、精神的要素が詰まっています。

まとめ

以上、この記事では、「bmx」と「mtb」の違いについて解説しました。

  • bmx:20インチ径ホイールを持つ競技用自転車
  • mtb:マウンテンバイクの略で、オフロード用の自転車

bmx、mtb 共に、5万円以下で買えるモデルもあり、比較的簡単に始めることができます。また、両方とも東京オリンピックの種目にもなっているので注目してみてください。

スポンサードリンク