知らないまま過ごしてた!“big” と “large” の違い

違いのギモン

“big” と “large” はどちらも形容詞で、名詞に情報を追加するための語句です。この2つの単語を日本語訳すると、「大きい」になります。

日本語で「大きい」という言葉を使う時、特になんの区別も必要ありません。しかし、英語の “big” と “large” にはニュアンスの違いがあります。

以下では、”big” と “large” の違いについて詳しく説明していきます。

スポンサードリンク

結論:”big” は主観的、”large” は客観的

“big” は形状や規模などが当人にとって大きい様子を指し、感情が含まれます。

一方、“large” は数量や面積などが、客観的に見て大きいことを指します。

“big” をもっと詳しく


“big” は、ものの形状やスケールが大きいことを指し、その基準は主観的になります。たとえば、a big shirt と言う場合、「~サイズだから大きい」といった明確な尺度ではなく、自分にとって大きく感じているというニュアンスになります。

また、 “big” の更なる意味として、サイズなどを表す「大きい」が真っ先に浮かんできますが、事の深刻さや重大さを表すため、またはフランクな言い方で兄弟間での年上を表すために “big” を用いることがあります。

「重大」や「深刻」といった言葉は、「何をもって重大・深刻なのか」という部分に当人のものさしや感情が入り込むことが多く、それゆえ “big” が用いられるのです。そして、兄弟間で “big” を用いるのは、”big” が感覚的に使われえるという点から、カジュアルな使用法へと派生した結果です。

それぞれの意味に当てはまるよう、例文を挙げていきます。

  1. My friend’s shoes are big for me.
    (友達の靴は私にとって大きい。)
  2. This is my big decision to go to Harvard University or MIT.
    (ハーバード大学に行くか、MITに行くかは重大な決断です。)
  3. Stop doing these stupid things! You will be a big brother soon.
    (ふざけたことばかりしないで!もうすぐお兄さんになるのだから。)
①では、友人の靴のサイズが「自分にとって(for me)」大きいことを “big” で表しています。主観が入っていますよね。

②では、進学に関する決断の重大さを “big” と言っています。”my” がついていることからわかるように、自分のものさしで事の重大さを測っていますね。

③のように、年上の兄弟を表す際には、older という単語を使うのが一般的です。しかし、親しい間柄やカジュアルな場面では big brother や big sister と使うことができるのです。

ちなみに “big” の対義語は “little” です。”little” は、当人にとって小さいという主観的な意味であり、またかわいらしいといった感情もニュアンスとして含まれます。

スポンサードリンク

“large” をもっと詳しく


“large” は、ものの数量や面積などの大きさを説明する言葉です。こちらは、大きさを判定する基準が明確であり、”big” に対して客観的な言葉であると言えます。

数量や面積は、数字が出る以上、誰が評価しても同じになります。たとえば 3㎠ の 図形は、当然誰にとっても同じ大きさですよね。また、服のサイズで Lサイズがありますが、あれは large サイズを意味します。サイズを分ける際に明確な基準が存在するため、”big” ではなく “large” を用いるのです。

以下では、”large” を用いた例文をご紹介します。

  1. This shirt is large.
    (このTシャツは大きいサイズのものだ。)
  2. We need a large amount of money.
    (多額のお金が必要だ。)
  3. There are a large number of books in that library.
    (その図書館には、非常に多くの本があった。)

①の例文では、誰が見てもそのTシャツが大きく見えるということを “large” と言っています。

②の a large amount of は、大きな数量を指す時に用いられる表現です。一般的な目線で大きな数量を表す時に用います。

③の a large amount of も、客観的に見て数量が多いことを表す英熟語です。

ちなみに、”large” の対義語は “small” です。”small” は、客観的な小ささを表す言葉であり、面積や規模などについて用いられます。服の Sサイズは、small サイズを意味しているのです。

ニュアンスが変わる例

“big” と “large” は、まったく同じ対象物でも用いることができます。それだけに、どちらの単語を使えばいいのか決めかねてしまいます。

簡単に区別する方法としては、既述したように、主観的か客観的かを見極めるということです。

ここで、例文を見ていきます。

A:Can I see the large size of the cup please?
(A:ラージサイズのカップを見せてください。)

B:Sure, this is the large size.
(B:もちろんです、こちらになります。)

A:Wow this is too big! I’d like to have a small hot coffee please.
(A:大きいですね。スモールサイズのホットコーヒーにします。)

A さんは最初の文で “large” を使って質問していますが、次の文では同じ対象物なのにもかかわらず、 “big” を使っています。なぜでしょうか。

コーヒーショップで3種類のサイズを用意していた場合、最も大きいものは “large” になります。大きさの基準が明確にあった上でのサイズであるため、その大きさは客観的なものだからです。

また、A さんが最後に “big” を使ったのは、個人的な意見、つまり主観的な考えであったからです。”large size” のカップを見て、自分の基準に照らすと改めて大きいと感じたということです。自分の意見や考えを話す時には例文のように “big” を使いましょう。

スポンサードリンク

まとめ

“big” と “large” の違いは以下の通りです。

  • big:ものの形状や規模が当人にとって大きいこと。主観的な判断。
  • large:数量や面積などが大きいこと。基準が明確で客観的。

同じ対象物を “big” もしくは “large” で表す際の区別方法として、“big” は主観的な考えに、 “large” は客観的な考えに用いるとお伝えしました。

これさえ頭に入れておけば、迷わず使い分けることができるのです。

スポンサードリンク