ことわざ「弁慶の泣き所」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「弁慶(べんけい)の泣き所」です。

言葉の意味・使い方・由来・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「弁慶の泣き所」の意味をスッキリ理解!

弁慶(べんけい)の泣き所:唯一の弱点のこと

「弁慶の泣き所」の意味を詳しく

「弁慶の泣き所」とは、唯一の弱点のことです。また向こう脛(ずね)を指すこともあります。

向こう脛とは、膝からくるぶしにかけての前の部分を指します。一般的には「すね」と呼ばれます。

「非常に強い人の弱点」について話すときに、使うことが多いです。「弁慶の泣き所」には、強い人にとって、さらに強い人が現れるという意味はないので、注意してください。

弁慶とは、非常に強かったことで知られる、源義経(みなもとのよしつね)の家来です。しかしながら、実際に存在した人物なのかどうかは不明です。

スポンサードリンク

「弁慶の泣き所」の使い方

  1. 先生はいつも厳しい。しかし、飼い犬が弁慶の泣き所のようで、飼い犬には非常に甘い。
  2. 私にとってクモが弁慶の泣き所だ。クモを見たら、大声をあげて逃げるだろう。
  3. テーブルがちょうど弁慶の泣き所と同じ位置にあったので、ぶつけてしまった。

①・②の例文は、「唯一の弱点」という意味で「弁慶の泣き所」を使っています。

また、③の例文は、「向こう脛」という意味で「弁慶の泣き所」を使用しています。

「弁慶の泣き所」の由来

「弁慶の泣き所」は、向こう脛が痛みに敏感なことが由来です。

向こう脛には筋肉がなく、皮膚の下は骨です。そのため、衝撃を加えられたときに、痛みが伝わりやすくなります。つまり、向こう脛は誰にとっても、責められると痛い部分です。このことは、非常に強かった弁慶でも、同じだと考えられます。

つまり、「弁慶の泣き所」は、向こう脛のような弱い場所を攻撃されると、たとえ弁慶であっても痛みのあまり泣き出すことを表します。

スポンサードリンク

「弁慶の泣き所」の英語訳

「弁慶の泣き所」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Achilles’ heel
    (アキレスのかかと)

「アキレスのかかと」は、ギリシャ神話に登場する英雄が由来です。アキレスは不死身の体を持っていましたが、「かかと」だけが彼の唯一の弱点でした。

ある日、アキレスは、アポロン(※1)という神様の怒りを買ってしまいました。怒ったアポロンは、パリスという王子にアキレスと倒してくるように命じました。そして、アポロンはパリスに弓の技術を与えると同時に、アキレスの弱点も教えました。

パリスが放った矢はアキレスのかかとに命中し、それが原因でアキレスは命を落としました。このことから、「アキレスのかかと」は「唯一の弱点」という意味になりました。

  • アポロン(※1):弓の技術に長けた神様

まとめ

以上、この記事では「弁慶の泣き所」について解説しました。

読み方 弁慶(べんけい)の泣き所
意味 唯一の弱点・向こう脛
由来 向こう脛はとても弱い場所であり、弁慶でもそこを攻撃されればひとたまりもないことから
英語訳 Achilles’ heel(アキレスのかかと)

「弁慶の泣き所」は比較的よく聞くことわざです。日常生活でぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク