「ベンチマーキング」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ベンチマーキング」です。

「ベンチマーキング」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

「ベンチマーキング」の意味をスッキリ理解!

ベンチマーキング(benchmarking): 他の企業などの製品やサービスを分析や比較して参考にすること

「ベンチマーキング」の意味を詳しく

「ベンチマーキング」とは、「他の企業などの製品やサービスを分析や比較して参考にすること」という意味のカタカナ語です。よくビジネスで使用する言葉です。

ビジネスをすると、自社のサービスや製品を持つことになります。サービスや製品は、それしかないということはあまりないですよね。携帯電話だったら、docomo、au、SoftBankなど3つの通信会社があります。ひとつだけではありません。

そこで、他の会社がどういったサービスやいくらの値段の製品を売っているのか調査します。たとえば、先ほどの携帯電話の事例ならSoftBank社がauやdocomoにはどういったサービスがあるのか調査します。

 

その調査の結果得ることができた情報を、自分の製品やサービスに対して応用することが「ベンチマーキング」です。携帯電話会社ならば、他の会社と同じように使い放題プランを導入してみたり、どこにも負けないくらい低価格でサービスを提供したりします。

この一連の流れを覚えておけば、「ベンチマーキング」の意味はばっちりです。

「ベンチマーキング」の使い方

  1. ベンチマーキングをすることで、自分の製品が改善された。
  2. 他店の飲食店をベンチマーキングした結果、キャッシュレス化することを決めた。
  3. ベンチマーキングを重ねたことで、今までにない製品ができた。

「ベンチマーキング」はビジネスに関する例文でよく使います。あまり日常生活の場面で使うことはありません。どちらかといえば、大人が仕事の時に使うカタカナ語です。

①の例文は「ベンチマーキング」の結果について述べています。言いかえると、他の会社の製品を参考にしたことで改善できたということです。

②と③の例文も①と同じように結果を述べています。

「ベンチマーキング」の語源

「ベンチマーキング」の語源は英語のbenchmarkingです。意味も発音も似ています。ただ、英語のbenchmarkingは意味がもう少しシンプルです。「基準」「評価する」というような意味です。

もちろん、カタカナ語のような意味としても使います。

「ベンチマーキング」の類義語

「ベンチマーキング」には以下のような類義語があります。

それでは順に解説します。

ライバル視

「ライバル視」は「成長しあえる相手とっみなす」という意味のカタカナ語です。

「ライバル視」はカタカナ語と漢字が混ざった単語で、「ライバルとして視る」ということです。ライバルとは、刺激を受けながら成長できる相手の事ですが、その相手と認定することです。「ライバル視する」とよく言います。

サーベイ

「サーベイ」は「調査」という意味のカタカナ語です。「ベンチマーキング」のように他社を参考にして改善するというような意味合いはありません。

しかし、他社を参考にする上で調査は必要です。その点から類義語として取り上げました。

「サーベイする」とはあまり言いません。「サーベイを行う」という方が一般的です。具体的には、アンケートでの調査などが挙げられます。

アナリシス

「アナリシス」は「分析」という意味のカタカナ語です。営業の成績や売り上げのデータなど、さまざまな「アナリシス」の対象があります。

たとえば、棒グラフから導き出されることは、「アナリシス」です。「アナリシス」は「する」などの動詞をつけて使うことはあまりしません。

どちらかというと、ひとつの名詞のように「アナリシス」を使います。

まとめ

以上、この記事では「ベンチマーキング」について解説しました。

英語表記ベンチマーキング(benchmarking)
意味他の企業などの製品やサービスを分析や比較して参考にすること
語源英語のbenchmarking
類義語ライバル視、サーベイ、アナリシスなど

「ベンチマーキング」は難しい単語です。中学生くらいだと、まったく分からない単語でしょう。

かなり噛み砕いて説明したので、覚える時に参考にしていただければ幸いです。