故事成語「傾城」(けいせい)の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「傾城(けいせい)」です。

言葉の意味、使用例、例文、由来、人物、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「傾城」の意味をスッキリ理解!

傾城(けいせい):絶世の美女

「傾城」の意味を詳しく

「傾城」とは、絶世の美女のことです。

この時、「城を傾ける」とは、国を滅ぼすことを意味します。男性が政治や軍事を放りだして、国を滅ぼすほどの美女を指します。

日本では、平安時代から江戸時代まで遊女の別称として使用されていました。近世では、おいらんなどの上級の遊女を指します。

 

ちなみに、古代ではどのような基準で「美人」と呼ばれたのでしょうか。古代中国の「美人」は、男女を問わず外見の美しい人であると同時に、品性の高い人を指したそうです。具体的な外見としては、つぶらな瞳に美しい歯、豊かな黒髪に優雅なスタイルが美人の特徴だったようです。

古代日本では、色白でしもぶくれの黒髪の持ち主が美人と呼ばれたようです。国や時代によって、美人の条件も変わると言えます。

スポンサードリンク

「傾城」の使用例

「傾城」を以下のような語句として使用することができます。
 

  • 傾城に誠なし:遊女が客に誠意をもって接するはずがない
  • 傾城買い:遊女を買って遊ぶこと
  • 傾城狂い:美女の色香に迷うこと、遊女遊びに夢中になること

「傾城」の例文

  1. 彼女ほどの美人を見たことがない。まさに傾城と言えるだろう。
  2. 傾城に誠なしだから、遊女の言うことは本気にしない方が良い。
  3. お金のある限り傾城買いをしたい。
  4. 酒を飲んで傾城狂いをするぞ。

「傾城」は日常生活ではあまり使用されない故事成語です。現代では、歌舞伎などで耳にする機会があるかもしれません。

スポンサードリンク

「傾城」の由来

「傾城」は、『漢書』の「外威伝」(がいせきでん)という章に記載された言葉です。

『漢書』では以下のように「傾城」が語られています。

漢書・外威伝
北の地方に世にもまれな美女がいる。一度振り向けば城を滅ぼし、再び振り向けば国を滅ぼす。城や国を滅ぼすことが重大なことだとは知っているが、あれほどの美女は二度と得られないだろう。

美しい女性は、国を滅ぼすほどの力を持っていることを意味しています。

ちなみに、『漢書』は、前漢一代の歴史を記した書物です。班昭(はんしょう)、班固(はんこ)らによって編集され、82 年頃に成立しました。中国の王朝の二十四史の一つです。

「傾城」の人物

「傾城」と呼ばれた中国の歴史上の人物を紹介します。

虞美人

虞美人(ぐびじん)は、秦の時代を生きた女性です。傾城の美女と称されます。彼女の美しさに項羽王は夢中になりました。戦いの場にも虞美人を連れ添ったほどです。

劉邦との戦いに徐々に追い込まれた項羽は、負けを覚悟して別れの詩を虞美人に詠いました。そこで「敗戦が決定した今、愚よ、お前をどうしたらよいのだろう」と贈っています。死ぬ間際に、自分の軍よりも虞美人といられなくなることを嘆くほど、虞美人に夢中になっていたことが分かります。

楊貴妃

楊貴妃も傾城の美女として名高い中国の人物です。世界三大美女であり、中国四大美女の一人です。彼女の伝説は、白居易(はっきょい)の「長恨歌」に記されています。これは唐代の話です。

「長恨歌」では、楊貴妃と玄宗皇帝の話が描かれています。楊貴妃はもともと玄宗皇帝の息子の妃でした。しかし、彼女の美しさに惚れた玄宗皇帝は息子から彼女を奪い、自分の妃にしました。

玄宗皇帝は楊貴妃に夢中になり、政治をおろそかにして宴会を楽しみました。その結果、人々の反感を買い、安史の乱が勃発します。

スポンサードリンク

「傾城」の英語訳

「傾城」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • beauty
    (美人)
  • courtesan
    (上流の遊女)

まとめ

以上、この記事では「傾城」について解説しました。

読み方 傾城(けいせい)
意味 絶世の美女
由来 『漢書』の「外戚伝」(がいせきでん)より
英語訳 beauty,courtesan

男性を夢中にし、軍や政治を滅ぼす「傾城」について解説しました。魅力的な女性はどの時代にも存在するのですね。現代にも「傾城」に当てはまる人が存在するか着目してみましょう!

スポンサードリンク