「抜擢(ばってき)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「抜擢(ばってき)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「抜擢」の意味をスッキリ理解!

抜擢(ばってき)多くの人の中から選び出して、ある役職や立場にその人を登用すること
 

「抜擢」の意味を詳しく


抜擢は、「多くの人の中から選び出して、ある役職や立場にその人を登用すること」という意味を持つ熟語です。

抜擢の「抜」は「抜き出す」という意味であり、「擢」は「選び出す」という意味です。つまり、似た意味の漢字が 2つ用いられています。

また、「抜擢」は「ばったく」とも読みます。

スポンサードリンク

「抜擢」の使い方

  1. 無名の新人が、この映画の主演に抜擢された。
  2. 彼を社長に抜擢したのは、他でもなく私だ。
  3. 彼女は国際大会への出場経験がないものの、世界選手権の代表に大抜擢された。
  4. 彼は多くの先輩を押しのけて取締役に出世した。それは我が社創立以来の抜擢人事だった。

③のように「大抜擢」となると、従来の意味に加えて、「一般的ではない基準や観点で選ばれた意外な人物を選ぶ」という意味で用いられます。

④のように「企業が高いポストに社員を位置付けるときに、年齢など関係なく優秀な人材や未経験者を選んだり、若い人を高いポストに起用したりする人事」のことを表すとき、「抜擢人事」が用いられます。

「抜擢」の類義語

抜擢には以下のような類義語があります。

  • 擢用(たくよう):多くの人の中から選び出して、採用すること
  • 登用(とうよう):人材をある地位や役職に引き上げて、用いること
  • 挙用(きょよう):下の地位にいた人を、上の地位にとりたてて使うこと
  • 起用(きよう):ある役割に人を用いること
  • 採用(さいよう):適切なものごとや人などをとりあげて、用いること
今回ご紹介した類義語のすべてに、「用」という文字が使われています。「用」には「必要がある」や「もちいる」「使う」という意味があります。

擢用は「てきよう」とも読みます。これは、「たくよう」の慣用的な読み方です。

登用は「登庸」とも書きます。この「庸」には「雇(やと)う」という意味があります。

スポンサードリンク

「抜擢」の英語訳

抜擢を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • choose
    (欲しいものを選ぶ)
  • select
    (ある基準で選び出す)
  • selection
    (ある基準で選び出すこと)
  • pick out
    (選び出す、みいだす)
  • selection は select が名詞化した英単語です。

    choose には、選ぶ人の「希望」や「欲しいという思い」というニュアンスが含まれています。

    select は基本的には 3つ以上の候補から選ばれることをさすときに使われます。selectは選ぶ人の希望ではなく、「最適解」を選んでいる場合に用いられます。

    pick には、もともと慎重さというニュアンスは含まれておらず、深く考えることなく選択する場合に用いられます。out は「見つけだす」や「選び出す」という意味があります。そのため、pick out というように熟語になると、「多くの中から選び出す」というニュアンスが強くなります。

    まとめ

    以上、この記事では「抜擢」について解説しました。

    読み方 抜擢(ばってき)
    意味 多くの人の中から選び出して、ある役職や立場にその人を登用すること
    類義語 擢用、登用、挙用
    英語訳 choose(欲しいものを選ぶ),select(ある基準で選び出す),selection(ある基準で選び出すこと),pick out(選び出す、みいだす)

    いつ抜擢されてもよいように、実力をつけてそのときを待ちたいですね。

    スポンサードリンク