意外と知らない!「バッグ」と「バック」の違い

違いのギモン

普段持ち歩くカバンのことを「バッグ」や「バック」といいます。どちらを使うのが正しいのでしょう?

今回はその違いについて解説していきます。

スポンサードリンク

結論:「バッグ」は「カバン・袋」、「バック」は「後ろ」

「バッグ」は「カバン・袋」の意味です。

「バック」は「後ろ・背面」の意味です。

「バッグ」をもっと詳しく


「バッグ」は英語で “bag“と書き、「カバン、袋」という意味があります。特に、ファッション性に重きがおかれているカバンのことをいいます。

「バッグ」にはトートバッグ、キャリーバッグ、ショルダーバッグなど色々な種類があります。

本来、カバンは「バック」ではなく「バッグ」なのです。

 

しかし、「バックパック」はカバンの一種ですが、「バッグパック」とは言いません。

ここでは「背中に担ぐ荷物袋」という意味で「バック」が使われているためです。

また、ジムなどでも使われる「サンドバッグ」や車に備えられている「エアバッグ」の「バッグ」は、「袋」の意味で使われています。

スポンサードリンク

「バック」をもっと詳しく


「バック」には、「背中、背面、後ろ」という意味があります。

英語では”back” と書き、「後方に進行する」という意味もあります。

日本語でも、「車をバックする」のように使われますね。

 

他にも、「バック」は様々な意味で使われています。

例えば、「バックアップする」や「バックにつく」のように、背後から支える、後ろ盾になるという意味です。

 

また「バックグラウンド」という言葉にも「バック」という言葉が含まれており、ここでは「背景」というニュアンスが含まれていますね。

一方、現金に還元するという意味の「キャッシュバック」では「戻る」という意味で使われています。

 

英語で意味を考えてみると、「バッグ(bag)」は「カバン」、「バック(back)」は「後ろ」という意味です。

それでは、なぜ日本語ではカバンのことを「バック」ということがあるのでしょう?

「バッグ」「バック」の意味が混同しがちな理由

それは、日本人の言葉の発音に特徴があるためです。

日本語では小さい「ツ」のような促音(そくおん)の後には濁音が来ることはあまりありません。

そのため、「バッグ」よりも「バック」の方が発音しやすいことから、そのような発音、表記がされるようになったと言われています。

まとめ

以上、この記事では、「バッグ」と「バック」の違いについて解説しました。

  • バッグ:カバン・袋
  • バック:後ろ・背面

やや混同しがちな「バッグ」と「バック」ですが、それぞれの日本語としての意味で考えてみると、本来は全く別の意味であることがわかりましたね。

ショッピングサイトなどでも「バッグ」と「バック」の使い方は曖昧であることが多いため、この機会にぜひ覚えておきましょう。

スポンサードリンク