知ってた?「怪しい」と「妖しい」の違い

違いのギモン

「怪しい」と「妖しい」はどちらも「あやしい」と読む言葉ですが、あなたは意味や使い方の違いを説明できますか?

「妖怪」という言葉もあり、似た意味を持つ2つの言葉ですが、正しく使い分けることで読む人から一目置かれるかもしれません。

この記事では「怪しい」と「妖しい」の違いについてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

結論:「怪しい」は疑わしい様子、「妖しい」は神秘的な様子

「怪しい」は普段と様子が違って『疑わしい様子』や『不審な様子』を表す言葉です。

一方で、「妖しい」は『神秘的で人を惑わす様子』や『不思議な魅力を持っている様子』を表します。

「怪しい」をもっと詳しく


「怪しい」は普段と様子が違って疑わしい様子や不審な様子を表す言葉です。

ネガティブな意味合いを強く持って使われることが多く、「怪しい」と聞くと何かに対して警戒しなければいけないように感じさせられます。

似た言葉には「いぶかしい」「いかがわしい」などがあります。

「怪しい」の使い方の例

  • 怪しい人物が目撃される。(正体がわからず不気味であるさま)
  • 雲行きが怪しい。(悪い方へ向かっていきそうで疑わしいさま)
  • 彼の行動がどこか怪しい。(不審であるさま)
スポンサードリンク

「妖しい」をもっと詳しく


「妖しい」は神秘的で人を惑わす様子や不思議な魅力を持っている様子を表す言葉です。

「怪しい」と比べるとポジティブな意味で使われることが多いです。

女性の魅力を表す時には「神秘的に美しい様子」や「なまめかしい様子」を表します。

従来は「妖」が常用漢字に含まれておらず、「妖しい」も「怪しい」と表記されていため、迷ったら「怪しい」を使えば間違いにはなりません。

しかし、現在「妖」は常用漢字に含まれているため、適切に「妖しい」を使うと効果的です。

「妖しい」の使い方の例

  • 宝石が妖しい光を放っている。(神秘的な美しさを持つ様子)
  • 妖しい魅力を持つ美女。(ミステリアスな魅力を持つ様子)
  • 妖しい目をする。(謎めいていて魅力的な様子)

まとめ

以上、この記事では、「怪しい」と「妖しい」の違いについて解説しました。

  • 怪しい:普段と様子が違って疑わしい様子、不審な様子。
  • 妖しい:神秘的で不思議な魅力を持っている様子。
どちらを使うか迷ったら「怪しい」でも間違いではありませんが、ぜひこの記事を参考にして「妖しい」を効果的に使えるようになってください。

スポンサードリンク