もう間違えない!「アヤメ」「ハナショウブ」「カキツバタ」「アイリス」の違い

違いのギモン

春から夏にかけて、様々な花が咲きます。GWのあたりにはツツジやネモフィラ・藤が見ごろになるので、連休に見に行く方も多いのではないでしょうか。

しかし花の中には非常に似た姿をしているものがあり、見分けがつかないことがよくありますよね。

今回は、その中で 5 , 6 月に咲く「アヤメ」「ハナショウブ」「カキツバタ」「アイリス」について紹介します。

スポンサードリンク

結論:最大の見分けるポイントは花びらの根元

    4 つともアヤメ科の植物なので、見た目が似ているのは当たり前とも言えます。

    しかし、それぞれの花びらの根元を見れば、簡単に区別することができるのです。

  • アヤメ:網目模様
  • ハナショウブ:細長い黄色の模様
  • カキツバタ:細長い白い模様
  • アイリス:幅の広い黄色の模様

「アヤメ」をもっと詳しく

「アヤメ」の特徴

アヤメにはこのような特徴があります。

  • 花びらの根元に網目模様がある
  • 畑など乾燥した場所に咲く
  • 5 月上旬に咲く
  • 葉が細長い
この網目模様は独特なので、アヤメは見分けやすいですね。

漢字で書くと「菖蒲」になり、この漢字は「しょうぶ」とも読むため、間違える一因になっています。昔は花びらの網目模様から、「文目(あやめ)」と書かれていました。

スポンサードリンク

「ハナショウブ」をもっと詳しく

「ハナショウブ」の特徴

ハナショウブは菖蒲園でよく見ることができます。特徴はこのような点です。

  • 花びらの根元に細長い形の黄色い模様がある
  • 乾燥地~湿地に咲く
  • 5 月中旬~ 6 月下旬に咲く
  • 葉に白い筋がある
ハナショウブは紫の他、白や黄色・桃色などの種類もあります。

「ショウブ」に注意!

菖蒲湯に使われるショウブはサトイモ科の植物で、このハナショウブとは全くの別物です。花は見た目が全く違いますが、ショウブとハナショウブは葉の形が非常によく似ています。

見分けるポイントは以下のような点です。

  • ショウブ:葉にツヤがあり、匂いが強い
  • ハナショウブ:葉にツヤがなく、匂いもない
花が咲いていないと、一目で見分けるのは難しそうですね。

「カキツバタ」をもっと詳しく

「カキツバタ」の特徴

カキツバタはこのような特徴を持っています。

  • 花びらの根元に細長い形の白い模様がある
  • 湿地に咲く
  • 5 月中旬に咲く
  • 葉が幅広
見た目がすっきりとしていて、和の雰囲気があります。

漢字では「杜若」と書きます。昔はカキツバタの汁で布を染めていたため、「書付花(かきつけばな)」と呼ばれていたのが名前の由来だと言われています。

スポンサードリンク

「アイリス」をもっと詳しく

「アイリス」の特徴

ここまでに紹介したアヤメ、ハナショウブ、カキツバタは日本の種ですが、アイリスは海外原産の種です。アイリスの特徴はこのような点です。

  • 花びらの根元に比較的幅の広い黄色の模様がある
  • 地中海原産
  • 乾燥した場所に咲く
  • 4 ~ 6月に咲く

アイリスはオランダアヤメとも呼ばれています。

ハナショウブと同様に、アイリスは白や黄色など様々な色の種類があります。海外の花なだけあって、他の 3 つと比べると見た目に華やかさがありますね。

おまけ:いずれがあやめ、かきつばた

日本には、「いずれがあやめ、かきつばた」という慣用句があります。

これは、二つのものが非常に優れていて、優劣がつけられない様子を指します。

元々は美しい女の人に対し使われていた言葉のようです。

スポンサードリンク

まとめ

この記事では、アヤメ、ハナショウブ、カキツバタ、アイリスについて違いを紹介しました。最後に 4 つの花の違いを表にまとめました。

アヤメハナショウブカキツバタアイリス
花びらの特徴網目模様細長い黄色の模様細長い白の模様幅広い黄色の模様
葉の特徴細長い白い筋幅広
咲く場所乾燥地乾燥地・湿地湿地乾燥地
咲く時期5月上旬5月中旬~6月下旬5月中旬4~6月

それぞれ違って、どれも美しいですね。見かけたら、どの種類なのか考えてみると楽しいかもしれません。

スポンサードリンク