「オーセンティック」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「オーセンティック(authentic)」です。

「オーセンティック」の意味や使い方、語源、類義語、対義語、「オーセンティック」がつく言葉についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「オーセンティック」とは?

オーセンティッック(authentic):正統、本物であるさま、信頼できるようす

「オーセンティック」の意味を詳しく

「オーセンティック」とは、本物であるさま、信頼できるようすのことです。

様々な場面で使うことのできるカタカナ語で、「確実である」「根拠がある」「正当である」という意味でも使われます。どのような場面で使われているかによって、どの意味なのかを判断する必要があります。

ファッション業界で使われることが多いです。ファッション用語として使われる際は、「着こなしが本格的である」「正当である」という意味で使われます。

音楽業界で使われるときには「正当である」という意味であることがほとんどです。

スポンサードリンク

「オーセンティック」の使い方

  1. レプリカではなく、オーセンティックの彫刻を購入した。
  2. オーセンティックな絵画を買ったはずだったのに、偽物だったようだ。
  3. オーセンティックな着こなしがさらりとできていて羨ましい。
  4. オーセンティックなロックが好きだ。
  5. オーセンティックなバーでカクテルを飲む。

➊と➋は、「本物である、信頼できる」という意味で使われています。

また、➌と➍、➎は「正統派である」という意味で使われています。

「オーセンティック」の語源

「オーセンティック」の語源は英語の “authentic” です。

古代ギリシャ語の “authentes” がもとになっています。これは「自分の権限で事を行う人・絶対君主」という意味のギリシャ語です。

ちなみに、「権威」という意味の英単語 “authority” も同じ語源から派生した言葉だと言われています。 “auth” の部分が同じです。

スポンサードリンク

「オーセンティック」の類義語

「オーセンティック」には以下のような類義語があります。

  • 正真正銘
  • 本物
  • 本格的
  • 真理
  • 正規品

「オーセンティック」の対義語

「オーセンティック」には以下のような対義語があります。

  • 偽物
  • コピー品
  • パチモン
スポンサードリンク

「オーセンティック」がつく言葉

オーセンティックファッション

ファッション用語としての「オーセンティック」は「本物の」「正統派の」「本格的な」という意味で使われます。

着こなしが本格的であるさまを「オーセンティックファッション」と言います。服の形や色などに指定はありません。ただし、スーツだと英国式の伝統的な形のものが「オーセンティック」であるとされています。さらに、昔からあるブルージーンズのことを指すこともあります。

オーセンティックオイル

「オーセンティックオイル」の「オーセンティック」は「不純物を含んでいない」という意味で使われます。

天然素材を100パーセント使用した万能オイルのことです。オイルの質が非常に高いので、顔や体、髪の毛にも使用することができます。

オーセンティックバー

「オーセンティッックバー」とは「正統なバー」という意味です。従来のバーに忠実な形のバーのことを指します。具体的には、カウンターがあり、専門のバーテンダーがいる本格的なバーのことです。

「オーセンティックバー」の中にはドレスコードが指定されているお店もあります。

まとめ

以上、この記事では「オーセンティック」について解説しました。

英語表記 オーセンティック(authentic)
意味 正統、本物であるさま、信頼できるようす
語源 「君主」という意味のギリシャ語“authentes”から
類義語 正真正銘、本物、本格的、真理、正規品
対義語 コピー品、偽物、パチモン
「オーセンティック」がつく言葉 オーセンティックファッション、オーセンティックオイル、オーセンティックバー

「オーセンティック」は使われる場面によってニュアンスが少し変わるため、文脈の中で判断する必要があります。

この機会に使いこなせるようになりましょう。

スポンサードリンク