どう違う?「当てる」「充てる」の違い

違いのギモン

「当てる」と「充てる」という2つの言葉はどちらも「あてる」と読みますが、意味には微妙な違いがあります。

この2つを適切に使い分けることで、よりわかりやすい文章にすることができます。

この記事は「当てる」と「充てる」の違いをわかりやすく説明していきます。

スポンサードリンク

結論:「当てる」は命中させること、「充てる」は振り分けること。

「当てる」は物体を何かにぶつけることや触れさせることを意味しています。

一方で「充てる」は物を他のものに合わせて振り分けることを意味しています。

「当てる」をもっと詳しく


「当てる」は物体を何かにぶつけること、触れさせる、命中させることを意味しています。

ねらった所に命中させることから、予想通りの結果をもたらすこと、もしくは予想以上の結果をもたらすことを意味することもあります。

「当てる」の使い方の例

  • ボールを壁に当てる
  • 洗濯物を日光に当てる
  • 胸に手を当てる
  • 宝くじで一等を当てる
  • 予想を当てる
スポンサードリンク

「充てる」をもっと詳しく


「充てる」は物事をうまく振り向けること、あてがうこと、充当すること意味しています。

しかし、辞書では「当てる」と「充てる」は同じ意味として説明されており、明確な違いはありません。

「充当する」という言葉があるように「充てる」と使う時に「当てる」を使っても間違いではありません。

「当てる」でも間違いではないけれど、何か物事を振り分けまかなう時には「充てる」の方が適しているということです。

「充てる」を使う場面で「当てる」を使っても間違いにはなりませんが、当てる」を使う場面でいつも「充てる」を使うことはできないので注意が必要です。

「充てる」の使い方の例

  • 給料を光熱費に充てる
  • 隙間時間を単語の勉強に充てる
  • 在庫を補充用に充てる

まとめ

以上、この記事では、「当てる」と「充てる」の違いについて解説しました。

  • 当てる:物を何かに触れさせる、ぶつける、命中させること。
  • 充てる:何かを他のものに合わせてうまく振り向けること。

「当てる」と「充てる」を適切に使い分けることで、文章の意味がわかりやすくなることもあるので、うまく使い分けられるようになりましょう。

スポンサードリンク