「アソシエイト」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アソシエイト」です。
「アソシエイト」の意味、「アソシエイト」が付く単語、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

「アソシエイト」の意味をスッキリ理解!

アソシエイト(associate):仲間、補佐する役割

「アソシエイト」の意味を詳しく

「アソシエイト」とは、仲間、補佐する役割という意味の言葉です。

カタカナ語としての「アソシエイト」は、「仲間」「共同経営者」などの意味で使われます。また、使われる文脈や場面によっては「補佐をする役割、仕事」という意味が加わる場合もあります。

さらに、「アソシエイト」は、主に職業を表すときに使われることが多く、基本的には「社員」「スタッフ」のことなどを指します。

これは、「ビジネスにおける仲間」という意味でとらえるとわかりやすいです。

「アソシエイト」が付く単語

「アソシエイト」は、業種などによって意味が異なります。使われ方の違いを見ていきましょう。

「アソシエイト社員」の意味

「アソシエイト社員」とは、外資系の業界でよく使われる言葉です。

この場合は、管理・会計・人事などの中心となる業務を担うスタッフを指しています。

つまり、自己裁量権のない平社員のことを指す言葉として使われます。

自己裁量権とは、自らの意志で決定ができる権利のことです。たとえば、「100万円までの取引なら君の好きにやっていいよ」と言われる場合は「自己裁量権がある状態」だと言えます。

「アソシエイト職」の意味

事務職などのいわゆる一般職や契約社員を指す言葉として「アソシエイト職」が使われます。

「アソシエイト職募集」というと、事務系スタッフや契約社員としての求人ということになります。

「アソシエイト弁護士」の意味

弁護士の中で「アソシエイト弁護士」と呼ばれる役職があります。

弁護士事務所の補佐的な役割で働く弁護士を「アソシエイト弁護士」と呼びます。

これは「アソシエイト」の中の「補佐をする仕事」という意味で使われています。

「アソシエイトナース」の意味

医療の業界で使われるのは「アソシエイトナース」という言葉です。

これは、サポート役の看護師のことを指しています。

 

入院患者ひとりに対して、看護師ひとりが担当として受け持つ体制の事を「プライマリーナーシング」と言います。

このときに担当する看護師のことを「プライマリーナース」と呼びます。

ただし、このプライマリーナースが不在のときや、手が空いていないときには他の看護師がサポートをすることになるのです。

このときサポートに入る看護師のことを「アソシエイトナース」と呼びます。

「アソシエイト」の使い方

「アソシエイト」には以下のような使い方があります。

  1. アソシエイトナースに助けを求める。
  2. アソシエイト職として雇ってもらえた。

「アソシエイト」の語源

「アソシエイト」の語源は英語の “associate” です。「アソシエイト」だけでなく「アソシエート」と表記されることもあります。

“associate”は、もともと動詞・形容詞の英単語です。

動詞では以下の意味があります。

  • 関連づける
  • 関係させる
  • 間に加える
  • 交際する
  • 賛同する

ここから、カタカナ語としての「仲間」「共同経営者」などの意味が生まれました。

また、形容詞では「准」「準」などの意味で使われます。「准」や「準」は「それに次ぐもの」「それに準ずるもの」というように、「2番目のもの」「近いもの」という意味があります。

この形容詞の意味から、カタカナ語の「サポート役」「補佐する役割」などの意味に発展しました。

「アソシエイト」の類義語

「アソシエイト」には以下のような類義語があります。

  • 社員:会社の従業員。会社員。

まとめ

以上、この記事では「アソシエイト」について解説しました。

英語表記アソシエイト(associate)
意味仲間、補佐する役割
語源英語の “associate” から
類義語社員

「アソシエイト」は職業によって異なる使い方をされます。それぞれの意味を理解しておきましょう。