会話をスムーズにできる!「ASAP」の意味と使い方を解説

言葉

ASAPとは「できるだけ早く」という意味です。

ビジネスではコミュニケーションの時間を短縮するため、略語が使われることが多々あります。

ASAPもそのひとつです。これを知っているだけで、日常の無駄を省くことができます。

この記事では、そんなASAPの意味や元ネタ、使い方、類義語、ビジネス用語の短縮形を解説します。

「ASAP」の意味

ASAPエイ・エス・エイ・ピー

できるだけ早く

例:Please reply to me ASAP. (至急返信をお願いします)

ASAPは「できるだけ早く」という意味のスラングです。

ビジネスシーンで使われることが多いのですが、日常会話でも使われます。

「エイ・エス・エー・ピー」と読むのが一般的ですが「エイサップ」「アサップ」と読むこともあります。

日本のビジネスシーンでは「アサップ」と呼ばれることが多いです。

 

ASAPはA.S.A.Pとピリオドを打って使う場合もあります。

また、asapと小文字で使うときもあり、大文字の場合より緊急度が低いことを表します。

「ASAP」の由来

ASAPは「できるだけ早く」という意味の英語フレーズ “as soon as possible” の頭文字をとった言葉です。

ASAPを最初に使ったのは第一次世界大戦時の軍隊だとされています。迅速な行動が何よりも大事な軍隊は、様々な略語を使用していました。

ASAPもそのひとつで、次第に軍隊の外でも使われるようになったのです。

“as soon as possible” の文法解説

“as soon as possible” には重要な英文法が使われています。

それは”as ○○ as” 構文というものです。

 

形容詞(名詞を修飾する語)や副詞(動詞や形容詞を修飾する語)を “as as” で挟むことで「××(後に来る言葉)と同じくらい○○」という意味になります。

たとえば “as happy as you” は「あなた(you)と同じくらい幸せ(happy)」という意味になるのです。

 

“as soon as possible” は直訳すると「可能(possible)と同じくらい早く(soon)」という意味になります。

ここから転じて「できるだけ早く」という意味になりました。

「ASAP」の使い方

ASAPは以下のように使います。

  1. メールやチャットでの使い方
    例①:Call me asap!
    (至急電話をしてください)
    例②:ASAPで資料を用意して
  2. 会話での使い方
    例:Please confirm the document ASAP.
    (その書類をすぐ確認してください)

ASAPはメールやチャットだけでなく、リアルな会話でも使います。

ASAPを使う時の注意

ASAPを使う時は以下のことに注意しましょう。

ASAPを使う時の注意
  • あまり親しくない相手には使わない
  • 具体的な期限があるときは使わない

ASAPは、命令のニュアンスの込められた表現です。偉そうな印象を与えてしまうことがあるので、あまり親しくない相手には使わないようにしましょう。

また、ASAPはあくまでスラングであるため、改まった場での使用は控えましょう。

そして、具体的な期限が決まっている時も使わないようにしましょう。ASAPは「できるだけ早く」という抽象的な指示をする言葉です。相手によって受け取り方が変わってしまいます。

「ASAP」の類義語

ASAPには以下のような類義語があります。

  • なる早(はや)
    なるだけ早く
  • ちょっぱや
    急いで
  • 至急
    非常に急ぐこと
  • 一刻も早く
    ほんのわずかでも早く実現するように
  • 可及的速(かきゅうてきすみ)やか
    できるだけ素早く
  • 急ピッチに
    調子・進行などが急速なさま
  • 超特急で
    物事を特別に早くすること
  • 早期に
    始まって間もない時期に
  • 最優先で
    一番最初に行うべき
  • 可能な限り早く
    できるだけ早くすること
  • できるだけ早く
    一番早くすること
  • immediately
    すぐに
  • at the earliest
    早くても

いずれも早いことを表す言葉です。

強調表現ASAFPについて

ASAPの強調表現にASAFPがあります。

ASAFPは “as soon as freakin’ possible” の略です。ASAPをより強めたものです。

“friggin’” は「ひどく」という意味の “frigging” の略です。

ビジネス用語の短縮形

ASAP以外にも、ビジネスで使う短縮形の英語フレーズは存在します。以下にそれを紹介します。

  • AFAIK (as far as I know)
    (私の知る限りでは)
  • FYI (for your information)
    (ご参考までに)
  • BTW (by the way)
    (ところで)
  • TMI (too much information)
    (そこまで聞いていない)
  • AKA (also known as)
    (~として知られる)
  • IDK (I don’t know)
    (私は知らない)
  • SPST (same place same time)
    (同じ場所、同じ時間で)

いずれも頻繁に使われる英語フレーズです。

その他のASAP

ASAPは「できるだけ早く」という意味が最も一般的ですが、以下のような使い方もできます。

  • できるだけ遅く
  • Always Say A Prayer
  • ラッパー

できるだけ遅く

ASAPには “As slow as possible” の略称として使われることがあります。

この場合、意味は「できるだけ遅く」という意味になります。

キリスト教の詩

キリスト教徒の間で知られる詩に「あなたがいつも祈りの言葉を口にしていたら(when you Always Say A Prayer)、神はすぐに応えてくださる(He’ll respond A.S.A.P.)」という詩があります。

ASAPにはこの詩を意味することがあります。

ラッパー

ニューヨーク出身の人気ラッパーにASAP Rocky (エイサップ・ロッキー) という人がいます。

「ASAP」のまとめ

以上、この記事ではASAPについて解説しました。

読み方ASAP(エイ・エス・エイ・ピー、エイサップ、アサップ)
意味できるだけ早く
由来as soon as possibleの頭文字をとったもの
類義語なる早
ちょっぱや
至急 など
ビジネス用語の短縮形AFAIK (私の知る限りでは)
FYI (ご参考までに)
BTW (ところで) など

英語フレーズの短縮形は海外で頻繁に使われます。

知っておくとコミュニケーションが円滑になります。

ABOUT US

アバター
藤本
文章を書けば2度見される慶應生。コピー・作文関係の賞を複数受賞。スッキリ公式Twitterの中の人です。 #博覧強記 #筆力鼎を扛ぐ
【受賞歴】 宇都宮キャッチコピーコンテスト 最優秀賞 など